Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

節目迎えた〝新型コロナ〟 経過を振り返る 緊急事態宣言が全面解除

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS
1/9

 政府は25日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の全面解除を決定した。特措法に基づき、史上初めて7都府県を対象に発令されてから49日。医療現場のみならず、経済や教育など社会の隅々にまで影響を及ぼした〝未知のウイルス〟との闘いは、ひとまず大きな節目を迎えた。国内で初めて感染者が確認されたのはおよそ4カ月前。もちろん、第2・第3波へ備えは今後も続くが、未曽有の事態はどのように推移したのか。国内の経過を、写真とともに振り返る。(構成、共同通信=松森好巨)  【1月9日】 中国で患者から新型コロナウイルス確認と報道  中国国営中央テレビ(電子版)は湖北省武漢市で発生した原因不明のウイルス性肺炎を巡り、発症者を検査した結果、新型のコロナウイルスが確認されたと報じた。一方、世界保健機関(WHO)は同日、新型ウイルスかどうかの判断は示さず、今後さらに調査が必要だとする声明を発表。  【1月16日】 国内初の感染者

 厚生労働省は、中国湖北省武漢市に滞在歴がある神奈川県居住の30代の男性が、新型のウイルス性肺炎に感染したのを確認したと発表。日本国内での患者の確認は初めてだった。神奈川県で同居する家族や接触した医師を含め国内で二次感染が疑われる患者は出ておらず、厚労省は「感染拡大の可能性は低い」としていた。  【1月30日】 世界保健機関(WHO)が緊急事態宣言  世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルスによる肺炎について、3回目の緊急委員会を開き、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に該当すると宣言した。宣言は各国に取り組みを促す狙いがあるが、強制力はなく渡航制限勧告も見送っていた。  【2月3日】  横浜に到着したクルーズ船の検疫開始  厚生労働省は横浜・大黒ふ頭沖に同日夜に停泊したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の船内で、乗客乗員約3500人を対象とした大規模な検疫を実施。香港人男性(80)が下船後の香港で新型コロナウイルスに感染したと確認されたことを踏まえた措置で、船内ではその後乗船者の集団感染が判明した。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS