Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

あらき、初めて尽くしの配信ライブでギターをかき鳴らして「はじめてのチュウ」熱唱

配信

音楽ナタリー

あらきが7月25日に無観客の配信ライブ「ARAKI LIVE ARK -iki ni kanzu-」を開催した。 【写真】(撮影:小松陽祐[ODD JOB])(メディアギャラリー他12件) 本来であれば6月から7月にかけて全国7都市を回るツアー「ARAKI LIVE ARK -iki ni kanzu-」を開催する予定だったあらき。本公演は新型コロナウイルス感染拡大の影響でツアーが中止となったことを受けて企画されたもので、あらきは配信ライブ用にセットリストを組み直してこの日のライブに挑んだ。 配信が始まると、画面には楽屋にいるあらきとバンドメンバー4人の姿が映し出される。あらきの号令により気合いを入れた彼らは、1人ずつステージに移動。最後にあらきがステージに立ち、「テオ」の演奏で勢いよくライブの幕を開けた。1曲演奏し終わるとステージが真っ赤な照明に染まり「スーサイドパレヱド」へ。あらきはアップテンポでありながら高音のボーカルが要求されるこの曲をしっかりと歌いこなし、その歌唱力の高さを見せつけた。 「みんなが知っている曲でセットリストを組んだ」と話すあらきは「シニカルナイトプラン」「しわ」とボカロ曲のカバーを中心としたセットリストで視聴者の心をつかんでいく。またライブ開催にあたってリクエスト投票が事前に行われており、MC後には堂々の1位を獲得した「About me」が披露された。あらきのライブの定番曲である「ECHO(rearrange ver.)」の演奏が始まると会場内は薄暗い雰囲気に。多数のレーザービームが飛び交う中、天を仰いで情熱的に歌うあらきの姿が画面に浮かび上がると、チャット欄には視聴者の感嘆の書き込みが多数寄せられた。 「初めての配信ライブなので、初めてにこだわりたい」と口にしたあらきは、バンドメンバーからギターを受け取り、ライブで初めてギターボーカルとして楽曲を披露することに。楽曲もライブで初披露となるものであることが明かされ、彼は「はじめてのチュウ」の英語バージョンである「My First Kiss」をギターをかき鳴らしながら熱唱した。「ギターボーカル、楽しいね!」と満足気な表情を浮かべながらギターをバンドメンバーに返した彼は「先行きが見えないこの状況ですけれど、今この瞬間だけはなんでもいーや」と話し、「い~やい~やい~や」の演奏へとつなぐ。後ろ向きでありながらもどこかポジティブな歌詞が印象的なこの曲をあらきはエモーショナルに歌い上げ、ファンを高揚させた。ラストナンバーはあらきのオリジナル曲である「Ark」。あらきは画面の向こうにいる視聴者に向けて「一緒に歌ってください」と呼びかけながら、バンドメンバーと声を合わせて豊かなハーモニーを会場内に響かせた。最後にあらきは「配信ライブ、ありがとうございました!」と快活に挨拶し、ステージをあとにした。 あらき「ARAKI LIVE ARK -iki ni kanzu-」2020年7月25日 セットリスト 01. テオ 02, スーサイドパレヱド 03. シニカルナイトプラン 04. しわ 05. About me 06. ECHO(rearrange ver.) 07. ヒバナ 08. My First Kiss 09. い~やい~やい~や 10. Ark

【関連記事】