Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新潟県の高校野球独自大会組み合わせ決まる 18日開幕 決勝は8月6日

配信

UX新潟テレビ21

UX新潟テレビ21

開催まであと2週間あまりとなった新潟県独自の大会の組み合わせが決まりました。 7月18日に開幕する大会。例年の抽選会とは異なり、県高野連事務局が非公開で、83校73チームの組み合わせを決定しました。 まずは、A・Bブロック。去年秋の王者・北越が第1シード。去年夏の優勝校・日本文理は、2回戦からの登場、万代と対戦です。 続いて、C・Dブロック。公立の巻が第4シード、去年秋のベスト8・村上桜ケ丘は1回戦で豊栄と対戦します。 E・Fブロックは、中越・県央地域のチームが集まりました。強豪私立と力をつけてきた公立の対戦にも注目です。 最後にG・Hブロック。去年の秋、準優勝の新潟産大附属が第2シード。去年夏のベスト4糸魚川は、糸魚川白嶺と初戦を戦います。 移動による感染リスクを減らすため、近隣校同士の対戦が原則。県内9会場を使用し、8月4日の準決勝、8月6日の決勝は、新潟市のハードオフエコスタジアムで実施されます。 スタンドへの入場は控え部員と部員1人に対して保護者2人まで。観客席では3席以上の間隔を保ち、大声での声援は行わないなど、新しい観戦エチケットが求められます。UX新潟テレビ21では準決勝、決勝の模様を実況生中継でお伝えします。