Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

不安やストレスき感じるときに食べたい食材 10

配信

ELLE ONLINE

集中力アップにはダークチョコレート?

誰しも不安な感情を抱いたことがあると思うけれど、もしかしたらそれは病気の症状かもしれない。「アメリカ国立精神衛生研究所(NIMH)」によると、最大31%のアメリカ人が経験する不安は消耗性疾患で、男性より女性の方が2倍の確率で発症するという。 最近の研究によると、消化器官の経路とメンタルヘルスや不安症状には関連があるらしい。そして体の免疫系や神経系を守る役割を持つとして、胃腸の働きはより重要視されている。 主治医などから処方されるセラピーや治療法にくわえ、毎日の食事の摂り方で消化器官の能力を最大限引き出すことができるかもしれない。さらにはメンタルヘルスの改善にも繋がる可能性があるそう。

現代人は働きすぎていて、ストレスを感じていて、常に疲れ切っている。とはいえ食べるものを変えるだけで少しは気分がよくなるかも? 2019年に医学ジャーナル『サイコソマティック・メディシン』で発表された、大規模なランダム化比較試験のメタアナリシスでは、健康的な食事を続けることで不安障害に関連のある抑うつ症状が大幅に改善されることが分かったという。   とくに女性が食事療法による恩恵を受けやすく、野菜やフルーツ、100%の全粒穀物、ナッツやシード類、無糖の乳製品を摂取することは、生化学的に多くの点においてメリットがあるそう。

ちなみに数年前から注目を浴びているCBD食品については、期待するほどの健康効果は得られないという説もある。CBDの投薬や安全性、その効果については信用できる研究や証拠が不十分で、日本では含む成分によって違法になってしまう食品や飲料品もある。 またアメリカでも「アメリカ食品医薬品局(FDA)」がCBDを “安全だと考えられる食品” リストに追加しない限り、厳密に言えば違法なのだそう。  FDAの専門家によるとCBDには、肝臓の損傷を引き起こしたり、処方されたそのほかの薬の効果に影響を及ぼしたり、男性の生殖毒性を招いたり、潜在的に体に害を与える可能性があるという。  さらに、CBDにはもう1つ気を付けたいことがある。それは体内で使用できるCBDはほんのわずか(摂取したCBDの20%以下)だということ。さらに2017年のある研究によると、無作為に選ばれたCBD製品の26%が、公表されていた含有量よりも少ない数値のCBDを含んでいたそう。 そしてほかの加工食品と同じようにCBDを使用して作られた商品は、砂糖や塩分、飽和脂肪を多く含んだオイルなど、味を良くする成分が添加されている可能性がある。  不安神経症やうつなどを治したり、症状に直接効くような魔法の食べ物はないけれど、気分の改善に役立つことが研究で明らかになっている食べ物を選ぶことはできるはず。おいしくて、栄養がたっぷりで、安全な食品を食べたいなら、栄養士がおすすめのこれらのフードを取り入れてみてはいかが?

【関連記事】