Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キーボードのウイルスや細菌を退治する除菌方法とコツ

配信

ライフハッカー[日本版]

キーボードのお掃除、最後にしたのはいつですか? 部屋の掃除ほど頻繁にする必要はありませんが、キーボードだって清潔を保つに越したことはありません。 この記事では、キーボードをきれいにすべき理由と、その方法について紹介します。

キーボードを清潔に保つべき理由

あなたの部屋やオフィスにおいて、キーボードはお世辞にもキレイなものとはいえません。誰のキーボードでも、仕事中につまんだお菓子のカスがキーの間や裏に入り込んでいます。試しにキーボードを逆さにしてみてください。ほら、食べかすがパラパラと落ちてきたでしょう。 キーボードは細菌やウイルスの温床となっています。Time誌によると、オフィスにあるキーボードのうち、実に27%がATP数300以上(生物の汚れを数値化する検査による結果)、すなわち「高レベルの汚染」状態であることがわかっています。 オフィス清掃のときにもキーボードは見過ごされがちなため、キーの周辺で細菌がみるみる繁殖してしまうのです。

キーボードを掃除する前の注意事項

キーボード掃除を決意したなら、下記の注意事項を事前に頭に入れておきましょう。 1. コンピューターから外す まず、掃除中にキーボードに電気が流れないようにします。シンプルに、コンピューターから外せばOKです。そうすることで、掃除中の電気的な問題や意味不明なタイピングを防げます。 普通、ラップトップのキーボードは取り外すことができません。その場合、ラップトップの電源を切り、電源ケーブルを抜いてから掃除を始めてください。 2. キーボードを逆さにする 大きめのゴミは、手早く落としてしまいましょう。ゴミ箱やシンクの上でキーボードを逆さにし、強めに振ってください。それだけで、ゴミの大半をかんたんに落とすことができます。 3. キーを丁寧に取り外す キーを取り外すときは、丁寧に扱うようにしましょう。 無理やりやろうとすると、いっそうキーボードを汚しかねません。キーを取り外すためのツールも存在します。たとえば、WASD Keyboards Wire Keycap Puller Toolがオススメです

【関連記事】