Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

一か月遅れの大学統一入試7月7日スタート 1071万人が受験 中国

配信

東方新報

【東方新報】新型コロナ肺炎で延期されていた中国の大学統一入学試験が7月7日、8日に実施される。およそ一か月遅れていたが、昨年より40万人多い1071万人が受験する。中国教育省としては新型コロナ予防のための万全の対策をとっているという。  試験会場は全国7000か所40万室にのぼり、試験監督人は94万5000人。例年と大きく違うのは、試験監督人を含む試験関係職員、受験生ら全員に対して試験日2週間前から体温測定と健康管理状況の報告が求められ、また試験当日も会場入り口で検温などを行うなど、徹底した健康管理が行われる点だ。リスクの比較的低い地域の試験会場では、会場入場前にマスクを着けることが義務付けられ、入場後に座席についた後、マスクを外すかつけたままかは自分で決めることができる。  一方、隔離試験室および感染リスクの比較的高い地域の試験場では、受験生は終始マスクを着けたままで試験を受けなければならない。スタッフ、監督人も全員、マスクをつける。  試験会場は一般に学校施設が使われるが、感染者が出た学校は会場には選ばれなかった。また会場の消毒、清掃は試験前に徹底的に行われるという。一般試験会場は10室ごとに1室の隔離試験室の設置が求められ、一つの会場拠点に最低3つの隔離試験室を用意することになっている。  試験当日、あるいは試験中に発熱や咳(せき)などの呼吸器症状が出た受験生は、個別に判断して、隔離試験室で受験を継続させ、移動などで時間をロスした分も補塡(ほてん)してもらえる。隔離試験室は原則一人一室で使用するが、もし予想以上に隔離試験室使用者が増えた場合は、最前列と最後尾、あるいは部屋の四隅に距離を保って座席を配置するなどの工夫をするという。  また公安省は受験生のために、試験当日、受験生たちが遅刻しないで試験会場にたどり着けるよう、公道に優先レーンを設けるなどの対応もする。交通事故、交通渋滞など不測の事態がおきても、現場の警察がすぐさま対応し、場合によっては緊急車両で、受験生を試験会場に送り届けるなどするという。  地方によっては気温が非常に高くなる季節だが、普通試験会場は中央空調、隔離試験室は個別の空調を使用し、自然風や扇風機なども使って風通しをよくするよう配慮した。  貧富の差や農村と都市の生活・文化水準差の大きい中国では、名門大学を卒業することが、その差を挽回できる最大のチャンスといわれてきた。しかも一族に、とびぬけた秀才が一人出るだけで、その恩恵は親戚までに及ぶのが中国式。このため、大学統一入試の季節は受験生本人だけでなく、その家族親戚隣近所までが異様なテンションに見舞われる。今年はさらに、新型コロナ肺炎の影響で例年とは異なる特殊な環境で行われる大学受験。国家、社会、人民ぐるみで、受験生を応援する体制をしいている。 (c)東方新報/AFPBB News ※「東方新報」は、1995年に日本で創刊された中国語の新聞です。

【関連記事】