Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新規感染者100人超でも新たな要請はなし。 東京の感染状況について専門家が会見で強調したこと

配信

BuzzFeed Japan

7月2日、東京都の新型コロナウイルスの新規感染者数の速報値は107人。緊急の記者会見を開いた小池百合子東京都知事は「感染が拡大しつつある」状況であるとの専門家の総括を発表した上で、休業要請などが必要な段階ではないとの認識を示した。感染者数が増え続けてるのに、なぜこのような対応を取るのか?小池都知事、そして専門家の医師2名から語られたのは、現在の感染者の7割は20代・30代の若年層であること、検査体制が3月時点よりも拡充されていること、そして若年層は重症化するケースが少ないため、現在の医療提供体制にはまだキャパシティがあるということだ。【BuzzFeed Japan / 千葉雄登】 感染者数の増加をどのように捉えれば良いのか。今後、取るべき対策は。小池都知事、そして専門家が会見で語ったことをまとめた。

「感染が拡大しつつあると思われる」

東京都は7つの指標をもとに、感染動態をモニタリングしている。この指標をもとにそれぞれ4段階で評価を行う。 【感染状況】:「感染が拡大しつつあると思われる」 (1)新規感染者数 (2)東京消防庁救急相談センター(#7119)における発熱などの相談件数 (3)新規感染者における感染経路不明者数および増加比 【医療提供体制】:「体制強化の準備が必要であると思われる」 (4)検査の陽性率 (5)救急医療の東京ルールの適用件数 (6)入院患者数 (7)重症患者数 今回、感染状況については「感染が拡大しつつあると思われる」として、4段階評価のうち上から2番目の評価を下した。また、医療提供体制については「体制強化の準備が必要であると思われる」として、4段階評価のうち上から3番目の評価を下した。 これらの分析を踏まえ、都知事は「感染拡大要警戒」と記されたフリップを掲げ、改めて注意を呼びかけている。 ・年代別の感染者数では20代、30代が約7割 ・地域別では新宿エリアと池袋エリアで多くの感染者 ・感染経路別では、「夜の街」関連が約4割を占めている。 こうした感染者の傾向を発表した上で、小池都知事は接待を伴う飲食店だけでなく、「若年層の友人同士のパーティー、会食での感染」も確認されていることに言及。特に若者の場合は無症状である場合も少なくないため、「無意識のうちに感染拡大する恐れがある」とした。 「先日の会見でも申し上げましたように、宿泊療養含めまして、医療提供体制は十分確保されております。ただし、専門家の分析を踏まえ、高齢者層に感染が広がるなど、急速に感染増加する可能性は否定できない。より一層の警戒が必要です」

【関連記事】