Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「バイデン政権」はトランプよりも中国と強く衝突する?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、11月の米大統領選挙で「バイデン政権」が発足した場合の対中国政策について語る。 * * * 11月に行なわれる米大統領選挙の民主党候補ジョー・バイデン氏が、カマラ・ハリス上院議員を副大統領候補に選出しました。ジャマイカ出身の父とインド出身の母の間に生まれた元法曹家のハリス氏はブラック・ライブズ・マター(BLM)運動に賛同の意を示し、国外の人権問題にも積極的に関わっていくというスタンスを表明しています。 そんな"人権派の黒人女性"をパートナーに選んだことが、「バイデン政権」の外交政策、特に対中国問題に大きな影響を及ぼす可能性が指摘されています。なぜなら、中国・習近平(しゅう・きんぺい)政権による人権や民主主義の否定を、トランプの次の政権はあらゆる意味で看過することができない状況になりつつあるからです。 いろいろなものを破壊してきたトランプ大統領ですが、将来評価されることがあるとすれば、それは中国に対する"外交上のクッション"を取っ払ったことかもしれません。 「香港は一国二制度によって守られる」「経済的に豊かになれば中国はいずれ民主化する」といった西側諸国の期待――それは見方を変えれば、中国との対決を避けるためのクッションだったということもできるでしょう。中国の人権問題や環境問題などに見て見ぬふりをし、安価な労働力と巨大市場にアクセスし続けるための一種の方便(もっとはっきり言えばウソ)です。 しかし、トランプ政権はそのクッションを蹴り飛ばし、全面対決も辞さない姿勢を示し続けている。これで習近平政権も引くに引けない状況になり、香港問題をはじめ、いよいよ馬脚を現した感があります。 トランプ政権が中国と対立する動機はあくまでも経済的なディールであって、人権や環境の問題を本気で改善させようという気はさらさらないでしょう。しかし、ハリスとのコンビでリベラルを前面に出すことを選択したバイデン政権が誕生した場合、そうはいきません。

【関連記事】