Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米津玄師、アルバム『STRAY SHEEP』より 「カムパネルラ」MV公開 全曲一挙サブスク解禁も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 本日8月5日にニューアルバム『STRAY SHEEP』をリリースする米津玄師が、同作のオープニングを飾る「カムパネルラ」MVをYouTubeにて公開した。  8月5日0時に、米津玄師のオフィシャルYouTubeチャンネルには、2種類の羊と、ダイヤモンドの絵文字が加わった新たな暗号が記載されたプレミア公開動画がアップされた。同動画には「メールス信号」で「B-F#-G-E-F#-A-E-F#-E-D-C#-F#-#C-D-C#-B-A#-A#-F#-G-F#-E-D」という「カムパネルラ」イントロのコードを表現されており、同日8時にMVの公開を迎えた。  「カムパネルラ」のMVは、「Lemon」「Flamingo」「馬と鹿」を手掛けた山田智和氏が監督を務めた。同MVには、朝焼けの空と、断崖絶壁の崖をバックに、光に包まれるように歌唱する米津の姿が収められており、楽曲の持つメッセージ性を体現しているという。  また、同曲が収録されたニューアルバム『STRAY SHEEP』は8月4日のフラゲ日に自身初となるミリオン出荷を記録。さらに、8月5日0時には『STRAY SHEEP』を含む過去作品が各種サブスクリプションサービスにて一挙配信された。  『STRAY SHEEP』は、各形態の商品パッケージにもアルバムの世界観が凝縮されており、キーホルダーが付属される「おまもり盤」、ライブ映像が全編収録される「アートブック盤」は初回生産限定盤となっている。

リアルサウンド編集部

【関連記事】