Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

欅坂46、笑顔と涙あふれたラスト・ライヴで5年間の歴史に幕 新たな坂を駆け上がる“櫻坂46”が誕生

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 欅坂46が、ラスト・ライヴ〈THE LAST LIVE〉を10月12、13日の2日間にわたって開催。この公演をもって、約5年間にわたる活動に幕を閉じました。  2016年4月に「サイレントマジョリティー」で鮮烈なデビューを果たし、以降も常に革新的なアイドル像を提示し続けてきた欅坂46。その姿勢は無観客配信ライヴとなった今回の公演でも崩されることなく、彼女たちは広大な会場をフルに活用した舞台セットで2日間まったく異なるセットリストのライヴを展開。プロジェクションマッピングや水を使った演出など、さまざまなアプローチで全33曲をパフォーマンスしその雄姿を届けました。  なお2日間のチケット購入者は一日目8万人、二日目11万人の合計19万人(推定視聴総数57万人)を記録し、多くのファンがその新たな旅立ちを目に焼き付けました。 [ライヴ・レポート]  ラストライヴ初日。厳かなBGMが流れる中、メンバーの後ろ姿が画面に映し出された。アリーナ奥に設置された緑の生い茂る門をくぐり、彼女たちはスポットライトの下をまっすぐに歩いていく。客席ステージを進みメインステージに到着したメンバーが一列に並ぶと、歴代のミュージックビデオやアーティスト写真で構成されたOVERTURE映像が流れ、視聴者の期待を煽る。DAY1の幕開けを飾ったのは、デビュー曲「サイレントマジョリティー」だ。凛とした表情で楽曲に込められたメッセージを訴えかけた彼女たちは、続いて「大人は信じてくれない」「語るなら未来を・・・」といった初期からの人気ナンバーを披露。ラストライヴという感傷に浸らせない不敵な笑みを浮かべ、序盤からフルスロットルで躍動していく。  メインステージに設置されたボックスセットの中で始まった「月曜日の朝、スカートを切られた」では、メンバーが電車内で歌っているかのような空間演出がヒリヒリとした雰囲気を助長。センターの渡邉理佐が凄みのある表情でカメラを睨みつけたかと思えば、ユニット曲「カレイドスコープ」では上村莉菜・原田 葵・井上梨名・武元唯衣・藤吉夏鈴・森田ひかるの6人が柔らかい笑顔を見せる。ギターを手に橋のセットに登場した小林由依は、「渋谷川」をのびのびと歌い上げた。また今回のライヴでは、曲間にメンバー一人ひとりのヒストリームービーを上映。デビュー当時の初々しい姿から現在まで、さまざまな経験を経て成長していった彼女たちの個性豊かなパーソナリティが紐解かれた。  次々と表情を変えながら、バラエティに富んだ楽曲群を届けていくメンバー。MCなし、衣装チェンジもなしで12曲目「避雷針」まで披露したところで、場内が暗転。緊張感を煽るBGMが場内に流れる。明るくなった客席ステージに映ったのは、「不協和音」のオリジナル衣装に身を包んだメンバーの姿だ。無数のレーザービームが交差する中、狂気をはらんだ熱演で楽曲の世界へと没入していく彼女たち。センター菅井友香が「僕は嫌だ」と力の限り叫ぶと、特効が炸裂しステージにはこの日一番の混沌と熱狂が広がった。  上村莉菜がアリーナ上空までワイヤーで舞い上がり、幻想的で儚いパフォーマンスを見せた「もう森へ帰ろうか?」を経て、DAY1ラストの楽曲へ。小林由依を中心に、身を寄せ抱きしめ合うようにして舞台に集まったメンバーはそっと目を閉じる。「黒い羊」のイントロが流れると、そのつながりはふっと解かれた。彼岸花を握りしめたセンター小林は、孤独を抱える楽曲の主人公を体当たりで表現。一人ステージに取り残された小林に渡邉理佐が寄り添い、光の方へと手を引き走っていく様が映し出され、初日公演は幕を閉じた。  ラストライヴDAY2は、小林由依の「ラスト!ぶち上がれー!!」というシャウトから盛り上がり必至のナンバー「危なっかしい計画」で華々しくスタート。松田里奈が「欅坂46が…」と声を上げると、「大好き!」と全員で笑顔を弾けさせた。続く「手を繋いで帰ろうか」では菅井友香と守屋 茜がメインステージを飛び出し、広い客席ステージでキュートな追いかけっこを繰り広げる。欅の木のプロジェクションマッピングを背景に舞い踊った「二人セゾン」のあと、菅井はファンに向けて「いつも見守ってくださってありがとうございます」と挨拶。「ひらがなけやき(現日向坂46)のメンバーと歌い始めた曲です。二期生、新二期生も一緒に歌おうと思います」と紹介された「太陽は見上げる人を選ばない」では、ミラーボールの眩い光が場内を余すことなく照らした。  「10月のプールに飛び込んだ」では、二期生の森田ひかる、田村保乃らを中心に物語性ある振り付けが生き生きと展開される。ライヴ初披露の「砂塵」では、激しく焚かれたスモークを吹き飛ばすほどのパワフルなパフォーマンスをぶつけた。ライヴ後半、ここから彼女たちは怒涛のアップチューンを連発。欅坂のすべてをぶつけるように全力で歌い踊り、ラストスパートをかけていく。「風に吹かれても」では小林由依が勢いよく上空へフライング。小池美波がセンターを務める「アンビバレント」では、メンバーの掛け声が盛大に沸き上がった。  アリーナ奥の重厚感ある門から総勢21名のダンサーたちが荒々しく登場すると、場内に緊張感が漂う。ステージ中央に鎮座し、カメラに向かって煽ってみせるダンサーたち。MA-1を羽織り気合い十分のメンバーがダンサーと向き合うと、一触即発の雰囲気へ。激しいぶつかり合いから「ガラスを割れ!」に突入すると、ステージの四方から炎が吹きあがる迫力満点のステージングを繰り広げた。  「誰がその鐘を鳴らすのか?」をがむしゃらなまでに全力で届けたあと、菅井は声を震わせながら、この日を迎えた心境を語り始めた。「改めて今、欅坂でよかったなと思っています。5年間でいつの間にか当たり前の存在になって、人生の一部となっていた欅坂46と、ついにお別れすることになるんだなって。いかにかけがえのない存在だったか…チームの皆さん、応援してくださる皆さん、そしてメンバーの皆がどれだけ大切だったのか」と振り返る。  「人生を変えたいと思ってオーディションを受けた子が、特に欅坂には多いんじゃないかと思います。悩んだり苦しい時期もたくさんあったけど、どんなときでも支えてくださる皆さんやメンバーがいたからみんなで乗り越えてこられたと思っています。欅坂の素敵な楽曲や歌詞にいろんなことを教えてもらいました」と続け、「どんなに醜くても苦しくても、自分たちらしくいていいんだと教えてくれたのは欅坂でした」とグループに対する思いを明かした。そしてファンに向けて「皆さんとの思い出を決して忘れません。皆さんの心の中で、欅坂の楽曲や作品が生き続けてくれたらうれしいです。どんなときもキラキラの緑のペンライトで道を作ってくださり、ありがとうございました。欅坂に出会って、応援してくださって本当にありがとうございました」とメッセージを送った。  菅井は「次の曲で本当にラストの曲になります。5年間支えてくださった皆さん、応援してくださったすべての皆さまに感謝の気持ちを込めて、精一杯届けたいと思います。私たち欅坂46はこの曲で幕を閉じます。2016年4月6日、この曲で坂を上り始めました。聞いてください」と話してから、覚悟を決めた表情で「サイレントマジョリティー」と最後の楽曲を紹介。ミュージックビデオ撮影時の渋谷の街並みを再現したセットの上で、27人は一糸乱れぬパフォーマンスを刻み付けた。  荒い呼吸の音だけが会場に響く中、メンバーはアリーナ中央へと移動。欅坂46としてのすべてのパフォーマンスが終了し、万感の表情を浮かべるキャプテン菅井はメンバーを代表し「欅坂46が大好きです。皆さんとの5年間は、ずっとずっと宝物です。本当にありがとうございました。以上、欅坂46でした。ありがとうございました」と挨拶。オーケストラアレンジの「サイレントマジョリティー」と共にスタッフクレジットが流れるおよそ3分間、メンバーはお辞儀をし続けこれまでの感謝を伝えた。  深い余韻に包まれた会場には、新たな命の誕生を思わせる鼓動音が鳴りわたる。そして小林由依の「その角を曲がると、新しい坂道が続いてた」という語りと共に、改名VTRが流れだした。未来へ向かうグループの決心と覚悟が込められたその映像が「咲け、櫻坂46」という言葉で締めくくられると、メインステージには櫻坂46としてメンバーが登場。スクリーンに「櫻坂46 1st Single」の文字が浮かび上がると、突如として櫻坂46の1stシングル「Nobody's fault」の歌唱が始まった。  グループカラーである白を基調とした衣装を着用したメンバー14名は、ロングスカートをはためかせ、ダイナミックかつ抑揚のあるダンスと力強い歌声で新たな物語の幕開けを告げる。歌唱を終えたメンバーの元に全メンバーが集合すると、26名は桜吹雪が舞う中ステージをあとにした。        なお「Nobody's fault」は12月9日(水)に発売が決定し、詳細やフォーメーションに関しては、後日アナウンスされる予定となっている。欅坂46としてのラストライヴを完遂し、櫻坂46として生まれ変わるその瞬間をついに迎えたメンバー。彼女たちがこれからどんな坂を駆け上がっていくのか、ぜひ目を離さずに注目してほしい。

【関連記事】