Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

すぐできる脇汗のニオイ対策。とくに入浴後と外出前にケアを

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

この時季、なにかと気になる脇汗のニオイ。加齢とともにニオイがきつくなってきた気がする…と感じる人も少なくないようです。 読者の脇汗に関する悩みについて、医師に答えてもらいました。

脇汗のニオイの解消法や予防法。お風呂上がりとお出かけ前にケアを

<読者のお悩み> 「脇汗のニオイがきつくなってきた気がします。とくに緊張したり、スポーツのあとなどのニオイが気になります。解消法や予防する方法はありますか?」(Eさん・41歳) ●お風呂上がりとお出かけ前の、肌にもっとも菌が少ない状態でのケアがポイント 脇汗のニオイ、気になりますよね。でも汗自体は、じつはあまりニオイはしません。汗をかいたあとに放置すると、皮膚表面の常在菌に分解されて、ニオイが発生するのです。なので「放置しないこと」が重要です。 また、ストレスが原因で汗がニオうケースも。「ストレス臭」と呼ばれ、皮膚から独特の臭気が出ます。とくに緊張したときの汗には、普段出ないミネラル分が出て、きついニオイの原因に。気にしすぎると発汗しやすくなるので、ケアや対策をしたら、あとは深呼吸などしてリラックスしましょう。 そのほか、食べたものや飲んだものが原因で発生するニオイも。ニオイのあるもの、アルコールをとったとき、また肉食にかたよったときも体臭はきつくなります。バランスのいい食事を心がけ、食物繊維をとって便通をよくすることが体臭改善に役立ちます。

どれが原因であっても、すぐできる脇汗のニオイ対策は、汗をかいたらすぐにふきとること。デオドラントシートを携帯し、こまめに汗をふきとるようにしましょう。また衣類に汗がつかないよう脇汗用のパッドを使うのも◎。下着は、天然素材や吸湿速乾素材、防臭効果つきのものを選んでみて。 また、日常的にできることとしては、いちばん菌が少なく肌が清潔な、入浴後と外出前に行う脇ケア。このタイミングで抗菌作用のあるデオドラント剤を使うと、ニオイの発生を防ぐことができます。上のイラストも参考に、効果的にニオイケアをしてみて。 ●教えてくれた人 【上田弥生先生】 大阪市立大学医学部卒業。総合病院で研修後、不妊治療などを学び、現在は東京のはるねクリニック銀座にて産婦人科診療、不妊治療、デリケートゾーンのアンチエイジング治療などを担当。また漢方治療、薬膳、アロマセラピー、心理技術やコーチングなどにも取り組み、統合医療を目指す。 <イラスト/野田節美 取材・文/ESSE編集部>

【関連記事】