Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

WHOが懸念表明、キューバなどカリブ諸国のコロナ感染急増巡り

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ロイター

[ブラジリア 7日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)米州地域事務局である汎米保健機構(PAHO)のカリッサ・エティエンヌ事務局長は7日、WHOはキューバやジャマイカなど新型コロナウイルス感染拡大を効率的に制御してきた国で感染が急増していることと、カリブ11カ国で緩やかだった感染ペースが劇的に加速していることを懸念していると明らかにした。 ワシントンから行なったバーチャルブリーフィングで述べた。 米州の感染者は累計1700万人超、死者は57万4000人超で、感染者は世界の半分、死者は半分以上を占めている。 被害が最も深刻なのは引き続き米国とブラジルだが、感染拡大が再燃し、地域全体の感染はきわめて活発な状態が続いている。 エティエンヌ事務局長は「この地域では50万人以上の子どもと若年層が感染しており、その数は増え続けている。多くは軽症か無症状で、感染を認識していない」と述べた。 一方事務局長は、米州全土で重傷者と集中治療を必要とする入院者の数が減少している点を良いニュースとして挙げ、集中治療室の利用減は、ウイルスと重傷者への対処方法に対する知識の蓄積などが奏効した結果との見方を示した。 このほか事務局長は、新型コロナは性別や所得、人種間での格差を拡大させていると指摘。 WHOによると、米国では黒人とヒスパニック系、先住民族の感染の確率が白人に比べて3倍高く、入院率は5倍、死亡率は2倍高い。ブラジルとコロンビアのアマゾン地域では、先住民族の感染確率が他の集団より10倍高くなっているという。 *一部サイトで正しく表示されなかったため、再送します。

【関連記事】