Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山本太郎氏、総務省とのやり取り疑うネット上の声に反論「当然ありました」

配信

スポーツ報知

 任期満了に伴う東京都知事選(7月5日投開票)に立候補している「れいわ新選組」の山本太郎代表(45)は30日、練馬区の西武鉄道石神井公園駅前で街頭演説を行った。  地方債発行により「総額15兆円で、あなたのコロナ損失を徹底的に底上げ」という政策を掲げる山本氏。具体的には「まずは全都民に10万円を給付」のほか、小学校、中学校、高校、大学、大学院、専門学校の授業料1年間無料などを訴えた。  「東京都が本気になれば、いくらぐらい調達できるのかという話に対して、20兆円以上は大丈夫だという総務省の見解」と山本氏。地方債などについて、総務省と1か月以上やり取りしたという。  山本氏は「『総務省とのやり取り、本当にあったのか?』みたいなことをネットで騒いでいる方がいらっしゃいます。(やり取りは)当然ありました。私の出馬が遅れたのは、総務省から確実な答えが届くまで、要は15兆円でも、東京都として資金調達できて、財政の健全性を担保できるという、そのお墨付きがなければ出馬できないと思ったんです」と説明した。  「それに対して、疑いがいろいろ出ているみたいですけど、間違いなくこれは総務省との間にやり取りがありました。レクチャーを受け、その後はメールや電話でのやり取りはずっとされています。それはまた時間がある時に詳細を語っていきたい」と、疑いの声に対して反論していく考えを示した。  都知事選は過去最多の22人が立候補。再選を目指す無所属現職の小池百合子氏(67)のほか、元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)、前熊本県副知事の小野泰輔氏(46)、政治団体「ホリエモン新党」から出馬したNHKから国民を守る党(N国)の立花孝志党首(52)らの候補者がいる。

報知新聞社

【関連記事】