Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」の開幕日が6月18日に決定。日時指定制も導入

配信

美術手帖

 新型コロナウイルス感染症の拡散防止のために開幕延期となっていた国立西洋美術館の「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」が、6月18日に開幕する。  同展は開幕にあたり、日時指定制による入場方法を導入。6月18日~21日は、「前売券・招待券限定入場期間」として前売券および招待券を持っている来場者と無料観覧対象の来場者のみが入場できる。日時指定入場券は、23日入場分から販売される。  日時指定制の導入による会場内の人数制限に加え、アルコール消毒やマスクの着用、サーモグラフィーによる体温チェックなどの感染防止策が実施。体調のすぐれない来場者や、感染拡大している地域や国への過去 2 週間以内の渡航歴がある来場者には、来館の自粛が求められている。  ロンドン・ナショナル・ギャラリーの館長、ガブリエレ・フィナルディは、本展の開幕についてこうコメントしている。「『ロンドン・ナショナル・ギャラリー展』がようやく東京で皆様にご覧いただける日を迎え、まことに喜ばしく思います。ナショナル・ギャラリーの物語を伝えるというこの前例のない展覧会で、私たちのコレクションと知見をより多くの方々と分かち合い、新しい世代の皆様にも当館の傑作に魅力と情熱を感じていただけることを願っています」。

【関連記事】