Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

貯蓄上手な人 vs. 貯蓄下手な人、やっていることの違いは何?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

計画的に貯蓄することが大切だとわかっていても、現実はそう簡単にはいきません。それでも、毎日の暮らしの中で、お金を増やすことを意識している人は多いようです。 日本FP協会が実施した「働く女性のくらしとお金に関する調査」では、約46%の女性が自分自身は貯蓄上手だと回答。一方で、貯蓄は得意ではないと思っている人は54%で、貯蓄上手を上回っています。 では、貯蓄上手さんと貯蓄下手さんは、どこが違うのでしょうか? 

貯蓄上手さんが貯蓄を増やすために行っていること第1位は?

同調査では、「生活の余裕や貯蓄を増やすために行っていること」のランキングも発表されています。その中で「貯蓄上手」を自認する人の結果は以下の通りです。 1位 家計簿をつける 46.7% 2位 変動費を節約する 40.1% 3位 固定費を節約する 40.0% 4位 仕事を始める・仕事に打ち込む 27.7% 5位 節税・税金対策をする 22.3% このように、半分近くの貯蓄上手さんは家計簿をつけているという結果になっています。 家計簿は、いわば家計の「健康診断」のようなもの。これによって家計の収入と支出の状態を見て、問題のある部分を把握できます。何が問題か分かれば、どう改善したらよいか考えられますし、常に収支状況をウォッチすることで”健康な家計”を維持することができますね。  自称ズボラさんの家計簿のつけ方 筆者の知人で、自称ズボラのAさん。独身の頃は、洋服代や友人との食事代に浪費しすぎて思うように貯蓄できませんでしたが、結婚を機に「これはマズイ」と家計簿をつけ始めたそうです。 その甲斐もあり、今では順調に貯蓄が増えているというAさんですが、実はとても面倒くさがりやでマメに家計簿をつけるのは苦手。そんなAさんは、なるべく家計簿をつけないで済ますため、買い物に行く回数を増やさないようにしているそうです。 家計の支出は、毎月決まって出て行く固定費(家賃、水道光熱費、通信費、保険料)と、毎日出て行く変動費に分けられます。そして、変動費はお金を使う毎に記入しなければなりません。Aさんの場合、まとめ買いすることで無駄な買い物が減ったのも貯蓄が増えたことにつながっているかもしれませんね。  続ける秘訣はシンプルかつ楽なこと 最近は便利な家計簿アプリもたくさん出ています。しかもそのほとんどが無料で、レシートを撮影するだけで簡単に家計簿を作成できます。自分が面倒だと思うことは続けられません。色々な選択肢の中から、これなら続けられそうと思える方法を見つけるのが良さそうですね。

【関連記事】

最終更新:
LIMO