Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

J-POP界のニュー・ウェーブ、FAKYが初のバーチャルステージに降臨

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
E-TALENTBANK

10代を中心に人気が高まっている話題のガールズ・ユニオン=FAKYが、6月27日17時よりABEMAにて配信された史上初フルバーチャル空間によるファッションショー&ライブイベント「Tokyo Virtual Runway Live by GirlsAward」に出演した。 FAKYは「フェイクなフリしてとことんリアルに。」を掲げて活動する多国籍グループ。海外でも公演を成功させるなど、「J-POP界のニュー・ウェーブ」としてティーンを中心に注目が集まっている。 真っ赤な衣装に身を包み、海外のファンからも評価の高い「GIRLS GOTTA LIVE」からライブがスタート。初っ端からパワー溢れるダンスパフォーマンスで視聴者を魅了。 次に、メンバーのHinaがABEMA「月とオオカミちゃんには騙されない」に出演した経験を通して抱いた想いをLil’ Fangに託し作詞したミドルバラード曲「half-moon」を披露。 MCをはさみ、力強いコレオグラフと倖田來未が初の歌詞提供をした事でも話題の「NEW AGE」でラストを飾った。 メンバーのLil’ Fangは「皆さまに直接会えることを楽しみにしつつ、いろんな形でみなさんを楽しませることができるように頑張ります!」とファンへのメッセージを伝えた。 SNSやコメント欄には、「歌もダンスもかっこいい!」「FAKYさんめちゃくちゃかっこよくて一目惚れしちゃった」「はじめてだったけど素晴らしかった。めっちゃ格好よかった!!!」など、FAKYのパフォーマンスに一目惚れした視聴者からコメントが多数寄せられ、J-POPシーンに新たな風を巻き起こす「実力派」としてその存在感を示した。 また、メンバーのHinaとTakiはモデルとしても「one spo」のステージに登場。上下ピンクのセットアップツインコーデを披露。クールな視線で魅了するランウェイとなった。

株式会社イータレントバンク

【関連記事】