Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「パン」が買えるスマートバス停、北九州市に登場

配信

ねとらぼ

 バス停で「パン」が買えるようになります。  シャープが西鉄バス北九州らと組み、福岡県北九州市で自動販売機の機能を搭載したバス停「スマートバス停」の実証実験を2020年6月26日に開始しました。 北九州で誕生した「くろがね堅パン」( くろがね堅パン・くろがね羊かんより。以下同)  スマートバス停は飲食店向けセルフ注文機をベースに開発したもの。観光需要および地元住民に向け、バス停における物販や大型ディスプレイを活用した地元情報発信の効果増進を図るのが目的です。  設置は北九州市小倉北区のバスターミナル「砂津バスセンター」。今回の実証実験では、この自動販売機の機能を利用して北九州の銘菓「くろがね堅パン」を販売します。交通系IC支払いで購入可能。設置期間は1年間の予定です。  くろがね堅パンは、ビスケットのような見た目のお菓子。大正時代に官営八幡製鐵所(現在の日本製鉄八幡製鉄所)で働く人たちの栄養補助のために作られ、保存が効くのでおみやげにも向く銘菓です。  スマートバス停で購入すると、バス停の内蔵カメラで名所のオリジナルフレーム付き記念写真が撮れる観光者向け特典機能も用意。32V型の大きな画面でバス時刻表や路線図、運航情報のほか、地元のおすすめスポットやグルメ情報などを表示する機能も備えます。  意外とヒマなバス停の待ち時間。名物や珍しいものが売っていたら思わず買ってしまいそうで、旅も楽しくなりそうですね。 (カナブンさん)

ねとらぼ

【関連記事】