Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<新型コロナ・支援の輪>感染予防役立てて 佐賀県に100万円を寄付 県産業資源循環協会

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
佐賀新聞

 佐賀県内の廃棄物処理業者でつくる県産業資源循環協会(124社)は4日、社団法人30周年を記念し、県に100万円を寄付した。新型コロナウイルス感染症対策に役立てられる。  同協会の篠原隆博会長は「感染症予防に役立ててもらえれば」と目録を手渡した。県健康福祉部の大川内直人部長は「マスクや消毒液などを必要としている所に届けたい。大事に使わせていただく」と感謝した。  同協会は1978年に県産業廃棄物処理業協会として設立し、90年に社団法人になった。大規模災害時の廃棄物処理や小学生への環境教育などにも取り組んでいる。毎年、環境月間の6月に不法投棄根絶の清掃活動を実施しているが、今年は新型コロナの影響で中止した。

【関連記事】