Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<ラグビーW杯>2007年仏大会の激闘の記憶 大野均さん&大西将太郎さんがカナダ戦振り返る

配信

MANTANWEB

 2007年のラグビーワールドカップ(W杯)フランス大会「カナダ対日本」戦が、WOWOWで7月12日に放送される。5月に現役引退を表明した日本代表最多キャッパー(98キャップ)の大野均さんと、この一戦を締めくくるコンバージョンキックで英雄となった大西将太郎さんによるダブル解説が実現。「均(キン)ちゃん」「しょっさん」と互いを呼び合う同期の2人が、カナダ戦を振り返った。 【写真特集】ラグビーの女神? 山崎紘菜がざっくりVネックで…

 ──これまで2007年大会の「カナダ対日本」戦の映像を丸々見返したことはありますか?

大野さん 初めてです。しょっさんの最後のコンバージョンキックは何度も見てきましたが、見てみると「こんなプレーやシチュエーションがあったんだ」という発見がありました。

大西さん 自分のキックはこうして取り上げていただいてきたことで何度か見たことはあるのですが、そのプロセスや展開を見たのは均ちゃんと同じく初めてですね。

 ──その最後のコンバージョンキックはどのような心境でしたか?

大西さん ボールを置いてからはあまり記憶がないのですが、覚悟を決めた瞬間に自分1人だけがグラウンドに立っているような感覚になり、音も静かになったんです。いわゆる「ゾーン」に入ったのはあの時が最初で最後でしたね。気付いたらみんなが駆け寄っていました。

大野さん 「しょっさん、頼む」と祈るような思いで見ていました。本当にうれしかったですし、同期の熊谷皇紀が号泣しているのを見て思わずもらい泣きしてしまいました。

 ──当時の日本代表はどんなチームでしたか?

大野さん いいチームでしたね。見返してみても雰囲気の良さを感じました。チームのマスコット的存在だったプロップの西浦達吉さんがワールドカップの舞台に立つまですごく苦労しているのを見ていたので、一緒にグラウンドに立ててうれしかったことを覚えています。

 ──キャプテンはナンバーエイトの箕内拓郎さんでした。

大西さん 僕にとっての日本代表のキャプテンと言えば箕内さんなんです。均ちゃんと同じく体を張る選手で、後に菊ちゃん(菊谷崇さん)やリーチ(リーチ・マイケル選手)といった素晴らしいリーダーが出てきたのも、あのような先輩がいたからだと思います。バックスには大会直前のケガで出場できなかった大介さん(大畑大介さん)もいて、一つ上ですが同期のようなザワ(小野澤宏時さん)もいた。いろいろな人の思いが詰まった大会でした。

【関連記事】