Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【すべてを兼ね備えたサルーン】ミドルサイズ高級セダン 魅力的なモデル 10選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AUTOCAR JAPAN

中型高級セダン トップ10

text:AUTOCAR UK編集部 ミドルサイズの高級セダンは、質感、経済性、快適性、広さなどあらゆる要素を兼ね備えているが、さらにパフォーマンスとハンドリングを備えたモデルは、その中でも際立った存在となっている。 【写真】5シリーズ、Eクラス、アウディA6【レクサスESのライバルを比較】 (80枚) こうしたクルマは必然的に高速道路を走る機会も増えるので、洗練されているかどうかも鍵となる。 人によっては、プレミアムブランドのバッジによって付与されるステータスも、大切な要素かもしれない。 ここでは、英AUTOCARが厳選した欧州で手に入るミドルサイズ高級セダン10台を紹介する。 便宜上、ランキング形式としているが、ブランドの優劣を決めるものではない。

1位 BMW 5シリーズ

BMW 5シリーズは、多くの点でミドルサイズ高級セダンの真髄であると同時に定義であり、また46年の歴史の賜物であることは間違いない。 最近改良を受けた最新の5シリーズは、インテリアの質に関しては、同セグメントで高い水準を満たしている。 エンジンは最高のパフォーマンスとドライバビリティを実現し、スポーツの魅力を引き出す。どのグレードを選んでも、長距離ツーリングには非常に快適な乗り心地を提供してくれる。 ジャガーXFのような魅力的なドライブはできないかもしれないが、日常使用や高速道路を走る分には許せるだろう。 BMWの車載技術はライバル車よりも一歩上を行っており、特に運転支援システムにおいては顕著だ。 ここでは、5シリーズの完成度の高さを評価したい。

2位 メルセデス・ベンツEクラス

メルセデス・ベンツEクラスは、ドライバーの快適性、インテリアの豪華さ、乗員の安全性、そしてあらゆる面での使いやすさを優先したエグゼクティブな選択肢だ。 最新モデルの居住性は贅沢そのもの。優れた運転支援システムと組み合わせることで、長距離の通勤を快適にすることができるだろう。 メルセデスはパワートレインについて豊富な選択肢を用意しており、現在では電動化が主役となっている。 PHEVのエントリーグレードは、156psのガソリンと160psのディーゼルから選べる。 中間グレードでは、E300eがガソリン、E300deがディーゼルとなっており、価格と性能はほぼ互角となっている(ただし、長距離走行時の燃費はディーゼルエンジンの方が優れている)。 さらに上のグレードでは、直列6気筒ディーゼルから2種類を選ぶことができるほか、6気筒ガソリンターボのE450もある。 どのバージョンを選ぶにしても、Eクラスのキャラクターは、同クラスのBMW 5シリーズやジャガーXFのそれよりも「のんびり」している。 アグレッシブに運転したときのスリルや驚きは少ないが、より長距離の運転には適しているだろう。

【関連記事】