Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カワサキ「Ninja 400」2021年モデル発売 ツーリングからスポーツ走行まで幅広くカバーする中型モデル

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バイクのニュース

万能なモデル「Ninja 400」がカラー&グラフィック変更

 カワサキは400ccクラスのスポーツモデル「Ninja(ニンジャ)400」の2021年モデルを2020年10月1日に発売します。 【画像】カワサキ「Ninja 400」2021年モデルの画像を見る(9枚)  排気量398cc、最高出力48PSを発揮する水冷4ストローク並列2気筒エンジンを搭載するNinja 400は、400ccクラスにおいてカワサキが提案するハイパフォーマンススポーツモデルです。  ライトウェイトとハイパワーに裏づけされた特性により「FUN TO RIDE」の可能性を広げるNinja 400では、軽量なトレリスフレームに、φ41mmの大径フロントフォークや、ラジアルタイヤなど優れた動力性能を支える装備を採用。  LEDヘッドライトユニットやゴールドアルマイト仕上げのフォークキャップの採用により、スタイリッシュで迫力あるボディワークを演出しています。  クラス最高レベルを目指した強力なトルクと爽快な加速が体感でき、ツーリングからスポーツ走行まで幅広くカバーできるカワサキ「Ninja 400」2021年モデルの価格(消費税込)は、71万5000円からで、ライムグリーン×エボニー(KRT EDITION)、パールナイトシェードティール×メタリックスパークブラック、メタリックスパークブラックの3色展開となっています。

バイクのニュース編集部

【関連記事】