Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ガーゼや布の手作りマスクではコロナから自分を守れない インナーマスク検討を

配信

ENCOUNT

新潟大学大学院の榛沢和彦特任教授(血管外科)がインナーマスク開発

 マスクだけで新型コロナウイルスの感染は防げるのか。自分から他人にうつすことを防ぐのには有効だとされるが、外部から自分への感染を防ぐには、マスクだけでは不十分との指摘もよく聞く。感染予防のために何か補う物はないかと探していると、マスクの内側に付けて使うインナーマスクの存在を知った。制菌加工で菌捕集機能、洗濯耐久性などが期待できるものだ。開発に携わったのは新潟大学大学院の榛沢和彦特任教授(血管外科)と新潟のスポーツウエアの製造販売会社のオンヨネ。榛沢氏に開発の理由と期待できる効果を聞いた。 【写真】「美人マスクですか?」「オードリーヘップバーンかと思っちゃいました」と大反響…デヴィ夫人が披露した実際のマスク姿  榛沢氏はマスクの開発にも携わっているが、なぜインナーマスクの開発もしようと考えたのか。榛沢氏は「ガーゼのマスクは、人に(ウイルスを)うつさないということはあるかもしれないが、自分が感染しないという点では、まったく意味がないんです」と切り出した。  また「たとえば無料で配布されたガーゼマスクを使うのは高齢者の方が多いかなと、感染するリスクは高いかなと思って作りました」と高齢者を心配していたとも説明した。  インナーマスクのウイルスに対する具体的な効果は、まだ数値で明示できるまでは分かっていないと控えめだが、サージカルマスクと同等の効果を期待できるという。それではインナーマスクの内側と外側の各面の効果はどのようなものか。

「ガーゼマスクや布マスクを使っている高齢者の方たちに使ってほしい」

 榛沢氏は「内側は酸化チタンなど約10種類の金属を練りこんだ半導体繊維で、紫外線などが当たると繊維にOHラジカルなどができ、繊維に触れた病原体の捕集、不活性化が期待できます」とウイルスの低減効果を説明した。  続いて表側については「表は制菌加工をしています。菌を殺すという意味でなく増殖させない機能を持っています。元々、防塵繊維で、簡単な言い方をすると繊維がツルツルで菌がつかない仕組み。埃がつかない材質です」と説明した。  最後に榛沢氏にインナーマスクをどういう人に使ってほしいか聞くと「ガーゼマスクや布マスクを使っている高齢者の方たちに使ってほしい。ガーゼマスクや布マスクで自分は守られていると勘違いする方がいます。自分を守っているわけではないです」ときっぱりと語った。  さらに、他にも効果のあるインナーマスクは世の中にあるだろうと語ると「マスクと2重にして使えば効果はサージカルマスク以上も期待できると思います。検討してほしい。ただ暑くて熱中症には気を付けて」とこれからの季節に向けて心配していた。  販売情報はオンヨネのホームページで確認できる。商品紹介欄には100回洗濯しても効果は80%ほど維持できるとあった。価格は1200円(税別)。これから夏に向けて涼しげで薄い生地の手作りマスクも増えそうだが、ウイルスや抗菌の対策は十分か、しっかり考えておく必要がありそうだ。

ENCOUNT編集部

【関連記事】