Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ジョン・ボルトン「私が見たトランプの正体」〈再選で日米同盟は破棄される。北朝鮮には即座に武力行使するしかない〉/古川勝久(取材・構成)――文藝春秋特選記事【全文公開】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン
ジョン・ボルトン「私が見たトランプの正体」〈再選で日米同盟は破棄される。北朝鮮には即座に武力行使するしかない〉/古川勝久(取材・構成)――文藝春秋特選記事【全文公開】

ジョン・ボルトン前アメリカ大統領補佐官

 ジョン・ボルトン元米国連大使が、ドナルド・トランプ政権で国家安全保障問題担当大統領補佐官を務めたのは2018年4月~翌年9月の間のことである。今年6月に出版した回顧録「それが起きた部屋(The room where it happened)」では、トランプ政権の舞台裏が赤裸々に詳述され、大きな話題を呼んでいる。同書は発売直後の1週間で販売部数78万部を突破したという。  ボルトン氏が見たトランプ大統領や北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の人物像とは。そして今後、日本はトランプ大統領とどのように渡り合うべきなのか。 ◆◆◆ ――米朝間の軍事的緊張が高まった2017年当時、戦争のリスクはどれほどあったのか?  ボルトン 軍事紛争のリスクはかなり高まっていた。前任のバラク・オバマ政権は北朝鮮と交渉して妥協することはしなかったものの、8年もの間、制裁をかなり緩めてしまった。その間、北朝鮮は核兵器・弾道ミサイルの実験を繰り返した。トランプ氏によると、オバマ氏から大統領職の任務を引き継いだ際、「あなたが引き継ぐ最大の問題は北朝鮮だ」と言われたという。それに対してトランプ氏はオバマ氏にこう答えたそうだ。 「ならば、なぜあなたは何も対処しなかったんだ?  戦略的忍耐というだけで、ただ問題が深刻化してゆくのを傍観していただけじゃないか」  滑稽とまではいわないが、実に悲劇的なことだ。 ◆◆◆  ボルトン氏は著作の中で、17年12月7日にトランプ大統領、マイク・ペンス副大統領、ジョン・ケリー大統領首席補佐官(当時)と対北朝鮮政策について協議した時の模様をこう記述している。 〈私は、北朝鮮の核・弾道ミサイル計画に対しては先制攻撃が効果的であること、そしていかに攻撃を遂行するべきかを説明した。北朝鮮は南北非武装地帯の北側に、ソウル市を射程におく大砲を配備している。米軍がこれらを膨大な数量の通常兵器を用いて爆撃すれば、被害者の数を劇的に減らせる〉 〈トランプ氏は私に尋ねた。『北朝鮮との戦争が起きる確率をどう見ているか?  五分五分か?』。私は答えた。中国の出方次第だが、おそらく五分五分だろう、と。すると、トランプ氏はケリー氏を振り返ってこう言った。『彼も君と同意見だね』〉(著書引用) ◆◆◆ ボルトン 北朝鮮が米国に到達可能な核兵器能力を保有して一線を越えるまでに残された時間はもはやほとんどない。少なくとも現時点では、非核化を巡る米朝交渉に進展の見込みはない。北朝鮮は、オバマ政権時代の8年間に加え、さらにトランプ政権下で少なくとも3年半もの間、核・弾道ミサイルの開発を続けてきた。明らかに弾道ミサイル計画はさらなる進展を遂げた。核兵器計画も継続中と想定せざるを得ない。イラン、または中国人やロシア人の科学者が北朝鮮に協力している可能性もある。  問題は未解決のままだ。それどころか、4年前と比べれば、北朝鮮の核・弾道ミサイル計画のペースこそ落ちているかもしれないが、問題はさらに深刻化している。

本文:8,244文字

写真:3
  • 金正恩との非核化交渉にも同席 (c)時事通信社
  • 安倍―トランプの蜜月はいかに?

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込330
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

ジョン・ボルトン,古川 勝久/文藝春秋 2020年9月号

文春オンラインの有料記事

PayPay残高使えます