Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

食と場所の充実を!新型コロナの治療にあたる医療従事者向け支援活動に協賛

配信

MOTA

トヨタファイナンシャルサービス株式会社(以下TFS)と株式会社KINTO(以下KINTO)は5月1日、フードトラック事業を運営する株式会社Mellow(以下Mellow)とキャンピングカーのシェアリング事業を運営するCarstay株式会社(以下Carstay)が実施する新型コロナウイルス感染症治療にあたる医療従事者向け支援活動に協賛すると発表した。 ■今さまざまな分野から注目されるキャンピングカーの写真をもっと見る

支援活動資金の一部を拠出し、医療従事者を支援

TFSとKINTOが協賛する支援活動は、5月初めから東京および関東圏の病院に、Mellowがフードトラックを、Carstayがキャンピングカーを派遣し、新型コロナウイルス感染症の治療にあたる医療従事者の方々へ食事及び一時休息スペースを無償提供する。MellowとCarstay両社による医療従事者への支援の一助を目的として、この支援活動資金の一部を拠出する。 株式会社デンソーもこの支援活動に賛同し、キャンピングカー内の除菌、消臭のための「車両用クレベリン」を無償提供する。 ■「ココロハコブプロジェクト」の一環として医療現場を支援 「ココロハコブプロジェクト」とは、東日本大震災の被災地を支援するために、全国から「心を運ぶ」という気持ちを込めて、トヨタグループが継続的かつ長期的に実施してきた支援活動の総称。 今回は、新型コロナウイルス感染症で闘病中の人や日夜奮闘されている医療従事者・政府・自治体関係者に対して、何か貢献できないかとの思いから、トヨタグループが力を合わせて取り組む支援活動の総称を「ココロハコブプロジェクト」として、支援している。

MOTA編集部

【関連記事】

最終更新:
MOTA