Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

愛犬が「一緒にいたい」と安心できる飼い主になるためにできること

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
いぬのきもち WEB MAGAZINE

犬を新しい家族として迎え入れたら、まず必要となってくるのが信頼関係を築くこと。早い段階で絆を深めておくことは、後々さまざまなルールを教えていくうえでも必要不可欠です。犬との信頼関係を築くためにはどうしたらいいのか、確認していきましょう。

信頼関係の第一歩!安心させてあげよう

信頼関係を築くためには、まず「飼い主さんはいい人」と思ってもらい、安心感を与えることが大切です。 特に家に新しく迎え入れたばかりのときは、愛犬は不安でいっぱいのはず。愛犬がおとなしく座っているだけでも「イイコ」とやさしくほめ、胸や背中のあたりをやさしくなでてあげてください。

「手」の印象をよくし、スキンシップをこまめに行おう

飼い主さんの「手」に対する印象をよくするために、フードを直接手から与えてみましょう。指先にフードをおいてニオイをかがせ、食べたらやさしくほめてあげてください。 また、早いうちからスキンシップを重ねておくことも大切です。やさしくなでて、愛犬がだんだんと触られることに慣れてきたら、お腹周りなども触れてみましょう。全身を触れるようになると、先々での健康管理やお手入れにも役立ちます。

愛犬を危険やストレスから守ってあげよう

生活していくうえで必要なしつけを教え、危険やストレスから守ることで、「飼い主さんは頼りになる人」だと思ってもらえるようにしましょう。 犬は薄暗くて狭い場所を好むため、キャリーケースなどを用意して、愛犬のためだけのハウスをつくり、ゆっくり過ごせるように整えてあげてください。このとき、愛犬をハウスに入れたら毎回フードを与えるようにすると、「ハウスに入ったらいいことがある」と覚えてハウスが好きになってくれます。

「オイデ」を教えよう

離れた場所にいる愛犬を飼い主さんのもとに呼ぶ「オイデ」は、思わぬ事故から愛犬を守るためにも役立ちます。 「オイデ」の教え方は、まずフードを手に握り愛犬にニオイをかがせ、「オイデ」と言って数歩後ろにさがります。愛犬がつられて前に出てそばまで来たら、首輪に親指をかけてつかみ、「イイコ」とほめながらフードを与えてください。

【関連記事】