Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「弱いやつでも挽回できる」サル研究者が説く「オタク式学校生存術」 ニッチ極めて到達した自分の居場所

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

孤独に自然と向き合う――。そんなイメージが強い動物学者ですが、実は、研究者同士の知られざる人間関係があると言います。サルとシカの専門家が同じ山小屋で寝泊まりし、先輩研究者の酒盛りに付き合う。そんな共同生活は、自分自身を見つめ直す機会にもなるそうです。とあるサル研究者も、その一人。小学校時代は周囲の同調圧力に苦しみつつ、「ニッチ」を突き詰めた末、居場所を見いだしたといいます。夏休み明け、クラスでの人間関係に悩む人向けに、メッセージを語ってもらいました。(withnews編集部・神戸郁人) 【画像】なるほど、わからん!「何かがいるよ」上野動物園の風景ツイートに隠された秘密が見つけられない

サル研究者は孤独な存在?

今回話を聞いたのは、石巻専修大学准教授(動物生態学)の辻大和さん(42)です。学生時代から20年以上、宮城県石巻市の太平洋に浮かぶ島・金華山に通い、ニホンザルの生態について調べています。 サルたちがどのように行動し、どういったものを食べているか。暮らしぶりを詳しく知るため、ヤマビルに足を吸われつつ群れを追ったり、サルの糞を一つ一つ収集し、中に含まれる木の実や植物を分析したり……といった生活を送ってきたそうです。 そんなエピソードを聞くと「単身で過酷なフィールドワークに挑み、黙々と研究に没頭する孤独な学者」とのイメージが浮かびます。ところが辻さんは「他の人々との結びつきなくして、この仕事はとても成り立ちません」と笑うのです。 一体、どういうことなのでしょう? 詳しく尋ねてみました。

「迷惑になるよ」という先輩の助言

たとえば調査時は、金華山にある山小屋が拠点となります。サル研究者だけではなく、シカといった別の動物の専門家も集い、何日も泊まり込むそうです。そのため一定期間、共同生活を送らなくてはなりません。 研究対象とする動物によって、山に入るタイミングは一人一人異なります。早朝から出掛ける人もいれば、昼過ぎになって動き出す人もいる。そんな状況下で、他の利用者とうまく付き合っていくことの大切さを学んだと、辻さんは語ります。 「サルは朝早くから行動するので、他の人が寝ている時間帯に小屋を後にする日もあります。調査を始めたばかりの頃は、玄関の扉をガンガンと音を立て閉めてしまっていた。全くの無意識ながら、研究者の先輩から『迷惑になるよ』と注意されることもしばしばでした」 「食事にも気を遣います。共用の食器で納豆を食べたら、きちんと器を洗っておく。納豆が嫌いな人もいますから。ささいなことかもしれません。でも、小さなストレスが積もり積もって口論に発展し、それが原因で金華山を離れる人もいるなど、決して侮れないんです」 また、小屋のくみ取り式トイレの掃除を始め、利用者同士で協力しなければいけない場面は少なくありません。一方、研究上の悩みを共有したり、お酒を片手に日々の出来事について語らったりすることを通じ、強い仲間意識も生まれるのだといいます。

【関連記事】