Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マスク着用の義務化は骨抜き?…従業員を暴力から守るためにウォルマートは「アンチマスク」を容認

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

ウォルマートをはじめとする多くの小売店では新しいマスク着用ルールが導入されているが、CNNの報道によると、ウォルマートではフェイスマスクの着用を拒否した人にもサービスを提供するという。 【全画像をみる】マスク着用の義務化は骨抜き?…従業員を暴力から守るためにウォルマートは「アンチマスク」を容認 ウォルマートは7月20日、アメリカの多くの地域でコロナウイルスの症例が再び急増していることを受けて、全店舗でマスクの着用を義務付けた。 しかし、ウォルマートの広報担当者のデリア・ガルシアは、Business Insiderの取材に対し、「身体的な衝突」を避けるため、従業員はマスクを拒否する人々にも対応するように指示されていると述べた。 CNNによると、ホームデポ、ロウズ、CVS、ウォルグリーンも、着用を拒否した人にサービスを提供するという。 マスク着用は受け入れられてきているが、マスクに反対する顧客からの店舗スタッフへの暴力事件が何件か発生していた。 CNNの報道によると、ウォルマート(Walmart)は従業員を「身体的な衝突」から守るため、フェイスマスクの着用を拒否する買い物客にもサービスが提供されるという。 Business Insiderでは、ウォルマートは7月20日から、健康上の理由でマスクが禁止されている人を除き、すべての人にマスクの着用を義務づけると発表したことを報じた。最近では少なくともアメリカの27の小売業者が同じことを要求している。 しかし、CNNが入手した研修ビデオでは、マスクを着用することを拒否した人にも「買い物を続けさせる」ように指示されているという。 CNNによると、ホームデポ(Home Depot)、ロウズ(Lowe's)、CVS、ウォルグリーン(Walgreens)も、マスクなしの客にサービスを提供すると述べているという。 ウォルマートの広報担当、デリア・ガルシア(Delia Garcia)はBusiness Insiderに「誰もが顔を覆うことができない状況があるかもしれない」とし、そうした状況では「店舗での買い物を許可する」と述べた。 さらに、「我々の目標は、従業員が危険な状況に置かれないようにすること。買い物客との摩擦を減らすのに役立つよう、そうした例外事項について訓練を行っている」と彼女は付け加えた。

【関連記事】