Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京都税の納付書が「PayPay請求書払い」に対応

配信

AMP[アンプ]

ソフトバンクグループとソフトバンク、ならびにヤフーの3社が共同出資するPayPayが、東京都が発行する固定資産税・都市計画税(23区内)、固定資産税(償却資産)(23区内)、不動産取得税、個人事業税、自動車税種別割の納付書が「PayPay請求書払い」に対応し、2020年6月1日から「PayPay」で支払えるようになることを発表した。 PayPay請求書払いは、電気・ガス・水道料金などの公共料金の請求書(払込票)に記載されたバーコードを、PayPayアプリで読み取ってその場で支払えるサービス。 2020年5月15日現在、672の地方公共団体や事業者(自治体406、水道局266)と52の電気・ガス・放送事業者の公共料金、223の民間企業による物販の代金などの請求書(払込票)に対応している。 なお、自動車税種別割の納期限は毎年5月31日だが、今年は日曜日にあたるため、納期限が翌日6月1日となり「PayPay請求書払い」でも、6月1日限定で自動車税種別割の納付が可能となる。 また自動車税種別割を除く各税金はそれぞれの各納期限まで支払いが可能とのことだ。

【関連記事】