Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<千葉高校野球独自大会>木更津総合V、専大松戸下す

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
千葉日報オンライン

 2020夏季県高等学校野球大会は18日、県総合スポーツセンター野球場で決勝を行い、木更津総合が2―1で専大松戸を破り、優勝した。木更津総合の夏の県大会優勝は2年ぶりとなる。

 木更津総合は篠木、専大松戸は西村が先発。木更津総合が四回2死二塁から篠木の適時三塁打で先制。五回、専大松戸の松濤がソロを放って同点とされたが、直後に相手失策で決勝点を奪い、篠木が1失点完投でリードを守った。

 5年ぶりの夏優勝を目指した専大松戸は西村が2失点完投と奮闘したが、打線が篠木を打ち崩せなかった。  同大会は今夏の甲子園大会、地方大会が新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になったことを受けて、県独自の代替大会として2日に開幕。連合3チームを含め158チーム、166校が参加した。

【関連記事】