Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ローランド、プロのライブ配信にも使える小型スイッチャー「V-1HD+」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Impress Watch

ローランドは、イベントや映像制作、ライブ配信などで活躍する4チャンネル・ビデオスイッチャーの新モデル「V-1HD+」を、10月23日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は149,000円前後。また、USBビデオ・キャプチャー「UVC-01」もあわせて発売。デジタルカメラなどのHDMI出力をUSB信号に変え、パソコンに入力できる。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は28,000円前後。 【この記事に関する別の画像を見る】 ■V-1HD+ 2015年に発売した小型ビデオ・スイッチャー「V-1HD」は、シンプルな操作性とコンパクトなサイズ感で人気を集めたが、新製品は「V-1HD」の上位となるプロ仕様のモデル。 A4半分のサイズでどこでも持ち運べるコンパクトさ、HDMI 4入力/2出力により、ビデオカメラ、パソコン、スマホ、タブレットなど複数の映像を簡単に切り替え/合成できる基本性能はそのままに、新たにDSK(ダウン・ストリーム・キーヤー)の機能を備え、テロップや画像の合成ができるようになった。 また、本格的なマイク入力(XLR)の搭載により、アナウンス収録用のマイクをそのまま高音質で接続可能。既存ユーザーへのヒアリングをもとにスイッチ類のレイアウトを改良して、オーディオの調整や、DSKのON/OFFなど頻繁に使用する機能へのダイレクトな操作感を実現。設定は本体のみで完結するため、設定用に別途パソコンを使うことなく、準備に要する時間も短縮できるという。 前述のUSBビデオ・キャプチャー「UVC-01」を使うと、V-1HD+の映像をパソコンへ簡単に入力でき、ライブ配信までシンプルに完結。映像と音声をコンパクトにまとめて、高画質・高音質のライブ配信や映像演出が行なえる。 14チャンネルのオーディオ・ミキサーを搭載。HDMIに含まれるオーディオに加え、マイクやオーディオ機器入力の音声をミックスできる。HDMI以外の音声入力として、業務用音響機器との接続を可能とするXLRマイク入力端子を2つ装備。マイク・プリアンプも内蔵、ファンタム電源の供給もでき、プロ仕様のコンデンサーマイクを接続可能。小型マイク用のミニジャック入力や、スマートフォンやパソコンからのアナログ音声信号を接続できるRCAジャックのステレオ入力も備える。 3バンド・イコライザー、ハイパスフィルター、コンプレッサー、ノイズゲート、さらに映像と音声のタイミングを微調整するためのオーディオ・ディレイも搭載。メイン出力には、リミッター、3バンド・イコライザー、コンプレッサーを装備し、ライブ配信などでも聞きやすいサウンドが作れる。 基本的な映像の切り替えは、プロ仕様のビデオ・スイッチャーで使われているPGM/PST(メイン映像/次に出すプリセット映像)のスイッチングや、Tバーを用いたオペレーションを採用。頻繁に操作する機能を個別のボタンで配置。画像やテロップを合成するDSKのON/OFF、ミックスやワイプの映像切り替え効果を加えるトランジションの種類、ピクチャー・イン・ピクチャー、エフェクトのON/OFFなど簡単に操作できる。 マルチビュー表示では、4つの映像、メイン映像、次に出力されるプリセット映像、4つの静止画の合計10個の画面を1つのディスプレイに表示可能。入力された音声の大きさも確認でき、すべての音声入力と、メイン出力の信号レベルメーターを表示できる。 入力した映像を最大4枚まで重ねることも可能。例えば、入力1と2を合成した映像の上に、小画面(PinP)で入力3の子画面を重ね、さらにDSKで静止画を用いてタイトルやテロップを表示するなど、多彩な映像が作れる。

AV Watch,山崎健太郎

【関連記事】