Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

尖閣前原証言に踊らされた人たちと、それを拡散させたSNSによる「不作為」に潜む危険性

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
HARBOR BUSINESS Online

前原誠司さんの与太話

 過日、産経新聞のとある記事がTwitterのトレンド欄を賑わせました。国民民主党(当時)所属の前原誠司さんのインタビュー記事で、「(2010年発生の尖閣中国船衝突事件で逮捕された中国人船長の釈放は)菅直人首相の強い指示によるものだ」という証言が採録されています。  尖閣中国船衝突事件発生当時、前原さんは海上保安庁を所管する国交大臣を務めていました。事件発生直後に内閣改造があったため、「菅首相から強い口調での指示があった」と証言する2010年9月21日時点、前原さんは外務大臣に転じています。あの事件の前後に、国交大臣と外務大臣を歴任したのですから、前原さんはまさに「当事者」と呼んでいい立場におられました。その当事者証言です。確かにビックニュースではありましょう。  しかし、注意深く記事を読めばわかるように、前原さんの証言内容そのものは、実に子供じみたもの。結論からいえば与太話の類にすぎません。  記事の証言部分を引用しましょう。 “前原氏によると、国連総会に出席するための22年9月21日の訪米出発直前、首相公邸に佐々江賢一郎外務事務次官ら外務省幹部とともに勉強会に参加。その場で菅氏が公務執行妨害容疑で勾留中の船長について「かなり強い口調で『釈放しろ』と言った」という”  この証言が真実だとすると、菅直人首相は、「外務大臣と外務省幹部」に対して「釈放しろ」と「強い口調」で言ったことになります。  なんだか不思議な話ですね。あの事件の被疑者である中国漁船船長は、すでに検察の手中にあったわけで、いかに総理といえ、「外務大臣と外務省幹部」に「釈放しろ」と怒鳴ったところでなんともならないではありませんか。ましてや、「外務大臣に強い口調で言う」ことが、検察への指揮権発動になどあたるわけがありません。  引き続き、記事を引用しましょう。 “前原氏が理由を聞くと、菅氏は同年11月に横浜市でアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議があるとして「(当時の中国国家主席の)胡錦濤(こ・きんとう)が来なくなる」と主張。中国側は船長の釈放を要求し、政府間協議や人的交流の中止などさまざまな報復措置をとっていた。釈放しない場合、胡氏が来日しなくなることを懸念したとみられる” “前原氏は「来なくてもいいではないか。中国が国益を損なうだけだ」と異を唱えたが、菅氏は「オレがAPECの議長だ。言う通りにしろ」と述べた。前原氏はその後、当時の仙谷由人官房長官に「首相の指示は釈放だ」と報告した” と、「菅首相から強い口調で釈放を指示された」後に、前原さんがとった行動も前原さんの証言として添えられています。  しかしこの証言とて、実にいい加減なものです。  この証言が真実だとすれば、「首相が外務大臣に法務省管轄の事案を指示し、その指示をうけた外務大臣が官房長官に報告」ということになります。なんだかよくわかりません。よしんば「首相の指示」があったとして、それが「外務大臣を経由して」官房長官にもたらされるというのも、役職の指揮命令系統から考えておかしな話ではありませんか。  しかもこの証言に登場する仙石氏は物故者。死人に口なしで「そんな不可解な報告が当時の前原外務大臣から仙石官房長官にあったかどうか」を裏付けることはもはや叶いません。記事には、もう片方の当事者である菅直人元首相の証言も採録されています。その内容は「記憶にない」というもの。事案の登場人物のうち、バイネームでその身元が明らかなのは、仙石氏と菅直人氏のみ。そのうち一方はすでに亡くなっており、もう片方は「そんな記憶はない」と言っているのです。その状態で、「前原さんがこう言っているから、それが真実だ」と結論づけてしまうのは、あまりにも早計です。もし、「前原証言があるから、これは間違いのない事実だ」とするならば、「籠池さんが『安倍さんから百万円もらった』と証言しているんだから、安倍さんは総理も国会議員も辞めるべきだ」という理屈も成立するはずではありませんか。当事者証言が食い違い、確証のとれない物ばかりである以上、前原さんの証言は、どこまでいっても「言った言わない」の泥試合になるだけの代物でしかないのです。  そして、前原さんはその泥試合を避けようとはしておられません。むしろ不思議なことに、前原さんからは、泥試合のままにしておこうという意図さえ透けて見えます。

【関連記事】