Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

勉強を後回しにする癖で受験失敗…高校生が性格を変えようと実践した3つのこと

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校生新聞オンライン

私は、なんでも後回しにしてしまう性格がコンプレックスでした。こんな性格じゃなかったら……といつも後悔しています。でも自分の性格と向き合うことで、自分のことが少しだけ好きになりました。(高校生記者・いちごみるく)

いつも後回し→後悔を繰り返して…

私は中学受験の勉強を始めたとき、やる気に満ちあふれていました。しかし、勉強が難しくなっていくと、だんだん勉強への意欲は消え、勉強を後回しにする癖ができてしまいました。その結果、目標にしていた第1志望校に落ちてしまい、とてもショックでした。

それをきっかけに、後回しにする性格を直そうと思えばよかったのですが、どうして落ちてしまったのかも深く考えずに中学へと進みました。私はそれからも後回しをして、同じ過ちを何度も繰り返しました。いつも最高のパフォーマンスができずに終わっていたのです。

幸せを逃がしてたと気づいた

新型コロナウイルスによる休校で自分を見つめ直す時間ができ、今までなんとなくスルーしてきた私の性格と、やっと向き合いました。後回しは、したいことをする一瞬の幸せのために、後の最大の幸せを逃してしまうことだと気づきました。

今の私にとって、後の幸せは大学合格です。ゲームをしたいからするのではなく、今は何をすべきなのか考え、将来したいことのために今頑張ろうと思ってみたら、少しずつですが後回しにすることが少なくなってきています。

スマホを触らない、タイマーを使う、振り返る

実際には、3つのことを実践するようにしました。まずはスマホの使い方の見直しです。スマホゲームをして勉強を後回しにしないために、時間になったら開くタイムロッキングボックスという箱にスマホを入れて、触れないようにしています。

タイマーを使って勉強をするようにしました。○分勉強、○分休憩というふうに時間に区切りをつけるようにしたんです。加えて「やること」と「振り返り」を毎日記録したりして、自分を変えようとしています。

私のように、やるべきことをすぐ行動に移せないなど、自分の性格に対するコンプレックスに悩んでいる人はたくさんいると思います。一度自分を見つめ直してみることが、自分を変える第一歩です。なりたい自分にもっと近づければいいなと思います。(高校生記者・いちごみるく=2年)

高校生新聞

【関連記事】