Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「今でも男だと思っている」という父の言葉。彼女が “すっぴんの自分”で伝えたかったこと

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

設計事務所で働きながら、トランスジェンダー女性として講演活動などをしているサリー楓さんの生活を記録したドキュメンタリー「You Decide.(邦題:息子のままで、女子になる)」が8月29日、ロサンゼルス・ダイバーシティ・フィルムフェスティバルでベストドキュメンタリー賞を受賞した。【BuzzFeed Japan/伊吹早織】 小学生の頃から自分の性別に違和感を感じていた楓さんは、大学在学中に「これからの人生は女性として生きていく」と決断した。 映画は、彼女が就職して社会に出る前の最後の数カ月に密着。「誰かのロールモデルになりたい」と国際的なビューティーコンテストに挑戦したり、これまで避けてきた家族との対話に臨んだりしながら、「自分らしく生きる」ためにもがく楓さんの姿を追いかける。 特に「今でも男だと思っている」と語る父親との対面シーンは、あまりの緊張感にひりひりと痛みを感じるほど。「こんなに見ているのが苦痛な映画もなかなかありませんよね」と笑う楓さんに、映画を通じて伝えたい思いを聞いた。

両親に出演を頼むシーンから

ーー映画は、楓さんがお母さんに電話をかけて、ドキュメンタリーを撮影しているので、ご両親にも出演してほしいと頼む場面から始まります。 出てくれると聞いて、私もびっくりしました。絶対やだって言われると思っていたので(笑) それまで父とはあまり話せていなかったんですよ。用事があるときは、なんとなく母を通して話していたくらいで。 でも、この映画を撮ることが決まった時に、映画では等身大の自分でなんでもやるしかないなと思っていたので、初めて父とジェンダーに関する話もしました。 ーー映画の中でも「最初は親が死ぬまでは(性別に違和感を感じていることを)隠し通そうと思っていた」と話していましたね。実際にカメラの前で話してみてどうでしたか? 「今でも男だと思っている」と言われたその言葉自体は、少しショックでした。 でもカメラの前だからって「娘だもんね」「うちはオープンマインドだから」と体裁を繕われるよりは、はっきり父の意見を言われてホッとしました。 初めて話すので、すぐに理解し合えるわけではないし、私も父の考えが初めてわかった瞬間でもありました。 映画に出ないという選択肢もあった中、父が堂々と出てきて、自分にはちょっと理解できない部分もあると話してくれたのはすごいことだと思っています。 こうした家族に対するカミングアウトの瞬間の緊張感って、当事者の人の多くが経験していると思うんですが、その瞬間がちょうどカメラに収められていてたというのが奇跡的だなと思っていて。 映画を通じて、視聴者もその瞬間に立ち会うことができると思います。

【関連記事】