Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

松村邦洋がYouTubeでマニアックな知識を全開 初回「中森明菜編」は神回という声

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

 コロナ禍で芸能人のYouTuberデビューが急増している。もともと知名度があるだけにチャンネル登録者もあっという間に集まるということもあるのだろう。しかし、8月20日にチャンネルを開設したものの、いまだ登録者数は7600人(25日現在)といまいち拡がっていないのが、ものまね芸人・松村邦洋(53)の「タメにならないチャンネル」。面白いのに、なんだかもったいないゾ。 【写真】「ジーパン姿」が珍しい中森明菜    ***

 チャンネル開設に当たり、開口一番がこちら。 松村:みなさん、こんにちは。松村邦洋です。この度、YouTubeチャンネルを開設しました! まあ、どうですかね、YouTubeってのは、ボクも初めてなんですよね。人のゲストに出るっていうのは何回もあるんですけどねえ。ホント言うと、放送じゃできないような、放送で一切言えないような話をずーーっと喋るようなチャンネルがあったら一番楽ですけどね。番組を終えた瞬間に逮捕されるような、そういう番組が1番良いですね……(中略)。第1回は何にしようかなあと思っていたんですけれど、ボクはね、芸能界に入る前からずーーーっと、中森明菜さんのファンだったんです! 中学1年、2年だったかな「スター誕生」という番組があったんですよ、日本テレビで……。

神回・中森明菜編

 ここから「タメにならないチャンネル」の第1回「中森明菜編」に入っていくのだが、台本やメモもない中、カメラを見つめた松村が、明菜と彼女にまつわる話を喋りまくった。 松村:「スター誕生」の3代目司会者、坂本九さんの時にずいぶん歌の上手い人たちをどんどんオーディションしていって、その中で中森明菜さんがね、山口百恵さんの「夢先案内人」で決戦大会で優勝して、「9番、中森明菜、一生懸命頑張りました。よろしくお願いします!」というと、(芸能事務所の)プラカードがぶわーっと上がったんですよ。結局、最終的には浅野ゆう子さんが所属されている研音に所属することになったんです。  なんだか、講談でも聞いているような気になる。松村は和室の小さなテーブルを前に喋っているのだが、いっそのこと釈台に代えて張扇で叩きながら語ってもいいくらいだ。民放プロデューサーは言う。

【関連記事】