Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ドラフト回顧・1970年】“高校BIG3”が話題も波乱なくほぼ無風ドラフト

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

今年もまた、ドラフト会議が近付いてきた。1965年秋からスタートし、今年で56回目。制度をさまざまに変えながら歴史を紡いできた。ここでは2019年のドラフト会議まで、1年ごとに振り返っていく。

目玉があっという間に片付く

 大学、社会人が不作と言われ、甲子園を沸かせ「高校BIG3」と呼ばれた3投手、島本講平(箕島高)、湯口敏彦(岐阜短大付高)、佐伯和司(広陵高)の行方が注目された1970年のドラフト。だが、いきなり指名順1番の南海が島本、2番の巨人が湯口、3番の広島が佐伯をトントンと指名。「BIG3」はまったく波乱なくあっという間に片付いてしまった。  自ら“いの一番クジ”を引き当てた南海の野村克也兼任監督は「スカウト陣との話し合いで、3人の中では島本と決めていた」とニンマリ。巨人スカウト陣も「ウチは指名順1番でも湯口だった」とほくそ笑む。広島も地元の逸材を射止めて大喜びだった。ただ、プロ入り後、3人の中では比較的順調だったのは佐伯のみ。島本は投手では結果が出ず、野手転向で近鉄移籍後に成績を残し、湯口は一軍登板のないまま不慮の死を遂げた。  続く各球団の1位指名も、大洋・野口善男(法大)、阪神・谷村智博(鐘淵化学)など大学、社会人選手を中心にほぼ予想どおりの展開になった。 【1970年ドラフト12球団1位】 南海 島本講平(箕島高/投手) 巨人 湯口敏彦(岐阜短大付高/投手) 広島 佐伯和司(広陵高/投手) 大洋 野口善男(法大/内野手) 東映 杉田久雄(中大/投手) 阪神 谷村智博(鐘淵化学/投手) 近鉄 市橋秀彦(九州工高/投手) ロッテ ×樋江井忠臣(中京高/投手) 中日 氏家雅行(大府高/投手) 西鉄 高橋二三男(新日鉄広畑/外野手) 阪急 小松建二(大昭和製紙/外野手) ヤクルト 山下慶徳(河合楽器/外野手) ※×は入団拒否し、その後もプロ入りせず  2位指名が始まっても、会場はどこか拍子抜けのムードが漂っていたが、どよめいたのは巨人が2位で大北敏博(高松商高)を指名したとき。大北の周辺は前日まで「早大進学。プロには行かない」と各方面に言明していたからだ。指名直後は難航の気配を見せていたものの結局、巨人入りした。  そのほか2位に中日の稲葉光雄(日本軽金属)、阪急の“完全試合男”今井雄太郎(新潟鉄道管理局)、5位では75年の広島初優勝で胴上げ投手になった金城基泰(此花商高)ら好投手の名前もあるが、最大の出世頭はヤクルト3位・若松勉(電電北海道)だ。のち小さな大打者と呼ばれ、監督としても日本一になっている。また、中日3位指名の三沢淳(江津工高)は拒否して社会人に進み、都市対抗優勝の後、入団という異色の経路となった。 写真=BBM

週刊ベースボール

【関連記事】