Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中国フィットネス市場、オンラインシフトの最新動向。任天堂リングフィットにスマホアプリ「Keep」が人気

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

外出規制や都市のロックダウンによってブームを引き起こしたフィットネスのオンライン化。オンライン飲み会でも知名度を上げたZoomを使ったプライベートレッスンやヨガクラス、Pelotonによる自宅フィットネスなど、空前のオンライン・フィットネスブームともいえる現象が世界中で起きている。 世界に先駆けて1月下旬からロックダウンが始まった中国でも、フィットネスのオンラインシフトは大きな潮流だ。

健康志向の高まる中国

急速に人々の生活が豊かになっている中国では、若い世代を中心により真剣な健康志向が高まっている。タピオカミルクティー店がフレッシュジュースのスタンドに代わり、会社帰りや週末はフィットネスジムに通う人が増え、ジムのチェーン展開、ジムの新規開店による勧誘も多く見かける。 同時に、公園や広場で体を鍛えている中高年、老人の姿が多いのも変わらぬ光景で、公園には子供向けの遊具よりも健康器具が優先的に設置され、卓球台が数台設置されている屋外広場も少なくない。 住宅地には街角ごとに屋外健康器具のコーナーがあり、近隣住民がいつでも自由に利用できる。さらに、公園や広場では太極拳のレッスンが開かれ、中年女性を中心とした「舞踊団」が大音響でダンスエクササイズを繰り広げていたり、といういかにも中国らしい習慣も健在だ。

リア充をSNSでアピール

伝統的なエクササイズや広場舞踊は中高年のものでダサい、と若い世代が敬遠する中、空前のブームがジム通いとパーソナルトレーニングだ。 今や中国ではスマホの生活情報アプリ「大衆点評」で、レストランの検索と同様に、近くのジムやフィットネススタジオのほか、さまざまなパーソナルトレーナーを検索、予約できる。 また都市部では仕事に追われるライフスタイルを反映して、ジムの会員にならなくても1レッスンごとに予約、参加できるフィットネススタジオが次々と登場。ジム通いをSNS上でアピールしたり、鍛えた腕の筋肉を自慢する写真を撮ったりと、20代から40代を中心に幅広い層で人気がある。

【関連記事】