Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『うまい棒』5年ぶり新味発売 相次ぐ駄菓子終売も、40年CMなしで年間7億本売り上げる理由とは

配信

オリコン

 1979年に誕生し、これまで60種類以上の味を発売してきた『うまい棒』。当初は主に駄菓子屋で人気商品となったが、今でもコンビニやスーパーで陳列される定番菓子として、年間出荷本数は7億本を超える。「なっとう味」や「シュガーラスク味」など、40年の間あらゆる新味を開発してきたが、長らく「コンポタ」、「チーズ」、「めんたい」の3トップの順位に変動はないという。時代の変化に飲まれることなく、同商品が愛される理由とは。一番人気から黒歴史メニューまで、販売元のやおきん・田中浩次さんに聞いた。 【貴重】幻の終売品・オムライス味から梅おにぎり味まで!歴代うまい棒一覧 ■20年愛されてきた「チキンカレー味」終売の理由とは 定番「サラミ味」は“飲み屋”での思いつき? ――来月で「チキンカレー味」が終売になるそうですね。 【田中さん】実は来月、約5年ぶりにレギュラー新味の発売を予定しておりまして、それを受けて、チキンカレー味が終売することになりました。現在「うまい棒」のレギュラー味は14種あって、これ以上増えてくると生産の効率が悪くなってきてしまうんです。そのため、新味を発売する際は全体の味バランスを見て、どれかと入れ替えを行います。一番売り上げが悪かったから、とかいうわけではないんです。 ――ということは、新味はスパイシー系なのでしょうか…? 【田中さん】スパイシーではないのですが、しょっぱい系ですね。通常の生地はとうもろこしで作っているのですが、新商品にはポテトのフレークを入れていて、今までは異なる食感で、生地の味も楽しんでもらえるかと思います。 ――これまで作られた味の種類はいくつあるのでしょうか。 【田中さん】60種類以上になりますね。当初は会議とかではなくて、飲み屋でとても美味しいサラミが出てきて「サラミ味」のきっかけになったり、九州出張で明太子を食べて「めんたい味」の誕生につながったり、といった感じでラインナップが増えていきました。 ――1982年に発売された「めんたい味」は、いまだに貴社の看板商品ですよね。 【田中さん】当時はまだ九州の明太子が今ほど全国的に有名ではなかったので、インパクトがあったのだと思います。ただ、「めんたい味」に明太子そのものは使われていないんです。味のバランスを吟味した結果、たらフレーバーにパプリカパウダーや香辛料で赤みや辛味を付けています。2014年に発売した「プレミアム明太子味」(20円)は明太子を使用しています。

【関連記事】