Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NHK原爆ツイートが「差別扇動」と炎上 朝鮮人巡る投稿、問題の根本は

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 NHK広島放送局が原爆被害を伝えるため始めたツイッター「1945ひろしまタイムライン」の投稿の一部が物議を醸している。広島への原爆投下直後に起きた出来事として「戦勝国となった朝鮮人の群衆」が「怒鳴りながら超満員の列車の窓という窓をたたき割っていく」などと記したツイートが「在日コリアンへの差別をあおっている」と炎上した。  NHKの前田晃伸会長は記者会見で「公共メディアとしてはあってはならないこと」との見解を示したが、投稿の経緯や意図はいまだ明らかになっておらず、投稿を削除もしていない。このツイート、問題の根本はどこにあるのか。(共同通信=池田絵美、野口英里子、角南圭祐)  ▽もし75年前に  ツイッターは「もし75年前にSNS(会員制交流サイト)があったら」という設定で3月に始まった。原爆投下前後に書かれた被爆者の実際の日記などを基に、その日の出来事や思いを連日投稿し、新しい試みだと評判を呼んでいた。

 問題となったのは、当時中学1年の少年「シュン」として発信した6月16日と8月20日の文章。6月は「朝鮮人の奴(やつ)らは『この戦争はすぐに終わるヨ』『日本は負けるヨ』と平気で言い放つ」、8月は「大阪駅で戦勝国となった朝鮮人の群衆が列車に乗り込んでくる!」「戦勝国民の一団は乗客を窓から放り投げた」などとツイートした。  ▽被爆者や歴代市長が批判  これらの投稿には「横柄な民族なんて自然淘汰されれば良い」などの差別コメントが相次いで書き込まれている。元の投稿の削除を求めるカナダの平和団体「ピース・フィロソフィー・センター」のブログには、被爆者のサーロー節子さんや平岡敬元広島市長、秋葉忠利前市長らが賛同者として名を連ねる。賛同者は現在200人以上で、日々増えている。  8月下旬には、広島市のNHK前で市民有志による抗議行動が2回あった。また、在日本大韓民国民団(民団)中央本部人権擁護委員会などは9月23日、「投稿は民族差別を扇動する」として、広島法務局に人権救済を申し立てた。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS