Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

緊急事態宣言 知事「休業要請はせず」/富山

配信

チューリップテレビ

 「緊急事態宣言」の対象地域が全国に広がったことを受け、石井知事は、17日会見を開き、あらためて県内外への不要不急の外出、往来の自粛を呼びかけた一方で、各店舗への休業要請はしない考えを明らかにしました。  「曜日、昼夜を問わず、県内外への不要不急の外出・往来を控えてください」「特に大型連休期間において都道府県をまたいだ不要不急の移動を自粛いただきすようお願いします」17日の会見で、石井知事は、県民に不要不急の外出や、大型連休における県をまたぐ移動を自粛するよう要請しました。  また、カラオケや接客を伴う飲食店の利用を自粛するよう改めて呼びかけた上で、県民や民間事業者に対して、意識を一段と変えるよう求めました。  「さらなる感染拡大を防止するためには県民・企業の皆様に「自分だけは大丈夫」と言う意識を根本から変えていただくことが必要不可欠」(石井知事)  一方で、東京都などが出している事業者への休業要請は当面行わないとし、今後については感染拡大の状況を踏まえ判断すると述べるにとどまりました。  また、県内の医療機関の現状は、極めて危機的だとして、県の備蓄から防護服2700着余りなどを緊急的に手配するということです。  さらに医療従事者が激務となっている状況を踏まえ、帰宅できない場合の宿泊費の補助なども、今後、検討する考えを示しました。

チューリップテレビ