Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナから回復したチャールズ皇太子、カミラ夫人との結婚15周年を祝う

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 自主隔離による別々の生活から復帰したばかりのチャールズ皇太子とカミラ夫人が、結婚15周年を祝福。 4月8日(現地時間)、夫妻は結婚を記念して、スコットランドにある屋敷バークホールの玄関先で、愛犬2匹と一緒に撮った写真をソーシャルメディアでシェアした。 【写真】華麗なる英国ロイヤルファミリーの家系図をおさらい! 「プリンス・オブ・ウェールズとコーンウォール公爵夫人の結婚15周年を明日に控え、愛犬ブルーベルとベスと一緒の写真をシェアします」と、投稿されている。

チャールズ皇太子とカミラ夫人は、チャールズ皇太子が先月、新型コロナウイルスの検査で陽性と判定されたため、スコットランドの屋敷で自主隔離。チャールズ皇太子が陰性になり、カミラ夫人は発症していないことが確認されるまで、別々に生活していた。 夫妻は、新型コロナウイルスの影響を受けているイギリス国民への支援を続けている。チャールズ皇太子はロンドン初の正式なフィールドホスピタル(野戦病院=屋外の簡易医療施設)のオープニングをバーチャルで支援。一方、カミラ夫人はパンデミックで自主隔離中の人と話をするプログラム「Check In and Chat」に参加している。

Translation: Mitsuko Kanno from Harper's BAZAAR.com

【関連記事】