Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

無印のアイテムで揃えれば、インテリア素敵に見える説を検証~家具編~

配信

集英社ハピプラニュース

編集HGの自宅で使っている家具を紹介します。最初に書くと元も子もないですが、自分で「素敵」と書くのもね…。あくまで私が使って心地よいと思っているものの紹介です。どうか温かい目で!

「インテリアは色を統一すればそれなりにおしゃれに見える」というルールを強く信じて、我が家は白かベージュのアイテムのみ。無印で買った、まるいラグも通称“人をダメにするソファ”もベージュです。休日はこの円の中で一日が終わります。本当にダメ人間。

ベッドルームは無印だらけ。まずはベッドフレーム。ヘッドボードがシンプルで圧迫感もないので、コンパクトな空間にぴったりです。リネンのシーツ&枕カバーも無印。これまで幾度となく涼感シーツを試してきましたが、私には涼感&手触りを両立するとなるとリネン素材が合っているようです。3年使って、いい具合に生地がくたくたに。頬ずりするのが気持ちいい。夏の午睡をむさぼるのも最高です。

ヘッドボードに置いている時計も無印。電波時計なので正確な時間がわかるし、デジタルで秒針の音がしないのもいい。湿度計もついていて、寝るときに湿度が40%を切っていれば、加湿器を稼働させます。

ベッドサイドには、テーブルがわりに無印のチェアを。ここも白とベージュの世界で統一。

リビングに置いているのは、名作の誉れ高いアロマディフューザー。某ホテルのロビーで使われているという煎茶のアロマを愛用中。オイルは、とある専門メーカーで買いました。

フォルムがきれいだなと常々感じます。照明としても活躍。 以上、編集HGの自宅にある、無印アイテムでした。家具は部屋の中でも面積をとるので、色選びは特に重要。無印のようなナチュラルな色味にすれば、部屋が優しい印象になると思います。

【関連記事】