Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

岡田将生×志尊淳×平手友梨奈『さんかく窓の外側は夜』、主題歌はずっと真夜中でいいのに。

配信

クランクイン!

 俳優の岡田将生と志尊淳がダブル主演を務め、元欅坂46の平手友梨奈がヒロイン役を務める映画『さんかく窓の外側は夜』の主題歌が、ずっと真夜中でいいのに。の新曲「暗く黒く」に決定した。 【写真】『さんかく窓の外側は夜』に出演する岡田将生&志尊淳&平手友梨奈  本作は、ヤマシタトモコによる同名ミステリーホラー作品の実写映画化。霊を祓うことができる男と霊を視ることができるふたりの男が、“除霊”を使って謎や事件を解決していく姿を描く。  岡田が霊を祓える除霊師・冷川理人を、志尊が霊が視える特異体質に悩まされている書店員・三角康介を演じ、平手はストーリーの鍵を握る“呪いを操る”女子高生・ヒウラエリカに扮する。  初の映画主題歌を担当するずっと真夜中でいいのに。は、ACAね が作詞・作曲・ボーカルを務めるアーティスト。ミュージックビデオの総再生回数は1.3億回を超えており、初投稿となるミュージックビデオ「秒針を噛む」は現在4800万回再生を突破。過去に行ったYouTube Liveは累計で50万人が視聴している。  今回、原作漫画のファンであることと、映画タイトルとアーティスト名「ずっと真夜中でいいのに。」に、お互い”夜”という共通点があることから、主題歌を担当する流れとなった。本作のために書き下ろされた新曲「暗く黒く」は、は、次作ミニアルバム『朗らかな皮膚とて不服』(8月5日発売)には収録されず、リリース情報は後日発表の予定。  映画『さんかく窓の外側は夜』は10月30日より全国公開。

【関連記事】