Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三浦透子、ミニAL『ASTERISK』より「uzu」「おちつけ」先行配信開始

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Billboard JAPAN

 三浦透子が、初のオリジナル作品『ASTERISK』より「uzu」「おちつけ」の先行配信を開始した。 その他の画像  「uzu」はドキュメンタリー映画『ムヒカ 世界で いちばん貧しい大統領から日本人へ』の主題歌。映画の監督を務めた田部井が三浦透子の声に惚れ込み、彼女の無垢な歌声を届けるために、楽曲制作・プロデュースをシンガーソングライターの森山直太朗に依頼した1曲だ。  また配信に合わせて、映像作家Pennackyによる「uzu」のミュージックビデオも公開された。懐かしさと温かさに包まれ微睡むような音像と重なる映像美に、神秘的な生命力を感じる作品となっている。  もう1曲の「おちつけ」は、マルチプレイヤーとして独特の存在感を放つTENDREが作詞・曲・編曲を手掛けた、軽やかで心地よいサウンドが印象的な1曲。どちらの楽曲も三浦透子の多彩な“声”の魅力を存分に引き出した聴きごたえのある2曲となっている。 ◎配信情報 「uzu」「おちつけ」 2020/4/25 RELEASE ◎リリース情報 ミニアルバム『ASTERISK』 2020/5/27 RELEASE UPCH-29362 2,000円(tax out.) ※初回仕様出荷終了次第、同価格の通常仕様(UPCH-20542)に切り替え

【関連記事】