Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

松田鈴英とアマチュアのパッティングはなにが違う!? データで見えたわずか「80センチ」が入らない理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

S子にはゴルフの悩みがふたつあります。ひとつは飛ばないこと、もうひとつはパットが入らないことです。ショートパットが肝心なところで左に外れるんです……。飛ばないS子が一生懸命振ってなんとか寄せたパットが入らないと落胆もひとしお。

「フェース向き」が問題だった!

S子はなぜパットが入らないのか? 今年から松田鈴英プロのパッティングの解析を担当している、エンジョイゴルフ&スポーツジャパンの橋本真和さんに、その原因を探ってもらうことにしました。橋本さんは、「キャプト」という最新のパット計測器の使い手。この最新機器を駆使して、ゴルファーのパッティングを丸裸にしてくれちゃうんです。 キャプトが設置された練習グリーンのうえで、3メートルの距離をいつものように5球打ちます。ただ打つだけなので、とってもカンタンですね。これでわかるのは、フェース向き、クラブの軌道、打点、クラブスピードなどなど。計測してみると、フェース軌道はことのほかいい感じ。打点に至ってはほぼスウィートスポットに当たっていることがわかりました。あれ……S子、意外といけてる? でもおかしいな。軌道も打点もいいのに、なんで入らないのか。橋本プロいわく「問題はフェース向きですね」とのこと。どういうことでしょう? 「打ち出し方向を決めるのは、フェースの向きが80%、フェースの軌道が20%です。つまり、軌道が良くてもフェースの向きが正しくないと、狙ったところには転がりません」と橋本さん。たしかにS子、これまでフェースの向きはあまり考えたことがなく、ストロークが良くなれば入るだろう! と思って練習していました。 「S子さんの5球打った平均を見てみると、平均でフェースが左に1.1度閉じていて、軌道もアウトサイドインなので、平均して打ち出し方向が左に1.7度ズレています。これは、仮にラインもタッチも合っていたとしても、2メートルの距離が入らないことになります。最初の1球は3.5度左に打ち出していて、これだと80センチが入るか、入らないかになります」 ガガガガーン。は、80センチも入らない……って。軌道も打点もそこそこ良くても、肝心のフェース向きが合っていなければパットは入らない。そのことがよくわかりました。

【関連記事】