Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第17節】家長昭博が絶妙アシスト! 不敗神話継続の鹿島守護神も選出

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

明治安田生命J1リーグ第17節の9試合が19日、20日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手を選りすぐり、ベストイレブンを紹介する。 【動画】編集部が選ぶ歴代CLベストゴール3 GK沖悠哉(鹿島アントラーズ/2回目) 1失点こそ喫したものの、攻め込まれる時間帯でいくつかのビッグセーブを披露して、4年ぶりの6連勝に貢献。J1デビュー戦から出場した8試合負け知らずの不敗神話も継続した。 DFヘナト・アウグスト(清水エスパルス/2回目) 本職ではないセンターバックでのプレーだったが、その危機察知能力を存分に発揮。見事なカバーリングでピンチを阻止し続け、クラブワーストとなる7連敗ストップの原動力となった。 DFジェジエウ(川崎フロンターレ/3回目) マッチアップを繰り返したレオナルドや杉本健勇を徹底監視で封殺。谷口彰悟とともに鉄壁を築き、クリーンシートを達成した。 DFティーラトン(横浜F・マリノス/初) 左ウィングバックとして、逆サイドの水沼宏太とともに好機を演出。全3得点に絡む大活躍で、ブラジル人助っ人の3ゴールを呼び込み、チームを今季2度目の連勝に導いた。 MFファン・アラーノ(鹿島アントラーズ/初) 巧みな位置取りで攻撃をけん引して先制点をマーク。守備面ではエヴェラウドとともにボールホルダーに対するフォアチェックを続け、ハイプレスのスイッチ役を担った。 MF三田啓貴(FC東京/初) センターサークル手前から素早くリスタートすると、田川亨介とのワンツーで一気に駆け上がり、古巣相手に今季初ゴール。その後も的確なボール捌きで攻撃にアクセントをつけた。 MF島川俊郎(大分トリニータ/初) チーム1位の走行距離だけでなく、ボールホルダーに対する鋭いアプローチとセカンドボールの回収で中盤をケア。機を見た縦パスで攻撃のスイッチも入れ、3連勝を手繰り寄せた。 MF田中達也(大分トリニータ/2回目) 大分らしいダイレクトプレーから3戦連発弾で先制ゴールを記録。PK失敗は残念だが、上下運動を繰り返して、ここ数試合のキレキレぶりを引き続き披露した。 FW家長昭博(川崎フロンターレ/2回目) チャンスメイク役として異彩を放つ。絶妙な浮き球パスで山根視来の鮮烈ボレー弾をアシストすると、宮代大聖に供給したピンポイントクロスが起点となり、レアンドロ・ダミアンのゴールもお膳立てした。 FWジュニオール・ドゥトラ(清水エスパルス/初) 最前線で起点に。カルリーニョス・ジュニオとの絶妙なコンビネーションで湘南ゴールに迫ると、86分に貴重な追加点をマーク。チームとして足踏みが続いたJ1通算400勝目に貢献した。 FWマテウス(名古屋グランパス/2回目) スピードに乗ったドリブルで神戸守備陣の脅威に。金崎夢生の同点弾となるPK獲得にも関与して、2試合ぶりの白星に貢献した。

超WORLDサッカー!

【関連記事】