Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「誰も無関心だと思われたくない」:Facebook広告 ボイコットの本格化で、一部のインフルエンサーキャンペーンが中断

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
DIGIDAY[日本版]

Facebook広告へのボイコットが勢いを増し、現在530社以上のマーケターが、少なくとも7月の1カ月間はFacebookから広告費を引き上げると表明している。また、この影響を受けて、一部ではインフルエンサーを活用したキャンペーンを中断する動きも生じているようだ。 あるエージェンシー幹部によれば、マーケターは計画されていたインフルエンサーキャンペーンを完全に延期するか、インフルエンサーのオーガニック投稿コンテンツの影響力を高めるため、Facebookとインスタグラムへの有料広告の使用を8月まで先送りする判断を下している。 動向が示しているのは、マーケターが広告の掲載場所や、その隣に表示されるコンテンツの内容を再検討しているということだけではなく、どうすれば黒人インフルエンサーや黒人を経営者に据える企業を、より効果的にサポートできるかにまで考えを巡らせていることを示している。このエージェンシー幹部によれば、一部のマーケターは6月に出したBlack Lives Matter(ブラック・ライブズ・マター)運動への支持表明のフォローアップとして、エージェンシーに対し、黒人インフルエンサーの起用を優先するよう求めている。

「無関心だと思われたくない」

「多くのインフルエンサーとの契約が中断、あるいは変更されている」と、アメリカのエージェンシー、メカニズム(Mekanism)で、パートナー兼最高ソーシャル責任者を務める、ブレンダン・ガーン氏は述べる。「いまは、誰も無関心だと思われたくないのだ。インフルエンサーとブランドは、互いの姿勢を見定めようと、『BLMについてどう思うか?』『BLM支援のために何をしているか?』『ボイコットに参加しているか、参加または不参加の理由は?』といった内容を質問しあっている」。 マーケターがこうした判断を下すことで、自分たちが再び経済的損失を被るのではないかと、インフルエンサーは憂慮している。すでに直近の数カ月、新型コロナウイルスが米国で猛威を振るいはじめたときも、BLMの抗議行動がはじまったときも、マーケターはインフルエンサーキャンペーンを一時停止しているからだ。 「7月にキャンペーンの契約を結ぶのはかなり難しいだろうと、ブロガーたちは大いに懸念している」と、ブログ『ママ・ノウズ・イット・オール(Mama Knows It All)』を運営するブロガーでインフルエンサーの、ブランディ・ライリー氏は語る。ライリー氏は6000人以上のインフルエンサーからなるFacebookグループ『カレッジ・トゥ・アーン(Courage to Earn)』を運営しているが、一部のインフルエンサーは、すでにキャンペーンの一時停止を余儀なくされているという。 「私はインフルエンサーに、ブランドの担当者、エージェンシー、そしてネットワークに連絡して、自分のコンテンツを見てもらえる方法は、(Facebook広告やインスタグラム広告の)ほかにもあることを、伝えるよう勧めている」とライリー氏。インフルエンサーは、ニュースレターやTwitter、YouTube、Pinterest(ピンタレスト)、LinkedIn(リンクトイン)、さらにはブログコンテンツのSEOを利用して、Facebookとインスタグラム広告のボイコット騒動中も、プロモーションキャンペーンを続けることができる。「広告主は、ROIを少し長期的に見る必要はあるかもしれないが、Facebook広告やインスタグラム広告以外にも、選択肢があるということを知って欲しい」。

【関連記事】