Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米国帰りの“逆輸入”ハーフ美女・村田理沙 開幕戦で感じた手応えと課題

配信

ゴルフ情報ALBA.Net

国内女子ツアー開幕戦となった「アース・モンダミンカップ」を終えた村田理沙は、「もっと行けたなという感じです」と唇をかんだ。初日「74」、2日目「73」。トータル3オーバー・83位タイでの予選落ち。表情に悔しさがにじみ出た。 5年前の村田理沙 まだあどけない?【フォトギャラリー】 村田は1995年6月22日生まれの25歳。父が米国人で母が日本人というハーフで、9歳でゴルフを始めると、3度目の受験となった2016年のプロテストに合格した。以降はステップ・アップ・ツアーを中心に出場してきたが、昨シーズンを前に大きな決断を下す。米国下部ツアーにあたるシメトラツアーに挑戦したのである。 「もともと米国に興味があり、昨年は試合出場も限られたこともあり、受験しました。(シメトラツアーには)すべての試合ではないですが、多く出場できると聞いて、日本のレギュラーツアーを目指す上で、その経験が自分のレベルアップにつながると思い、1年間チャレンジすることを決めました」 出場権を獲得して8試合に参戦。予選通過が3回、最高位は46位タイと成績的には満足できるものではなかったが、経験という部分では大いに収穫があったという。 「海外の選手たちとプレーして、世界観が変わりました。1番は飛距離を伸ばさないといけないと感じたことです。向こうの選手は飛ぶ。2打目の番手が違う。分かってはいましたが、全然戦えませんでした。技術面では、コースの芝が試合によって全然違ったのでアプローチのバリエーションが増えました。今はグリーンを外しても安心していられる。行った成果だったと思います」 この経験に、日本特有のスタイルもミックスした。昨年はステップ・アップ・ツアーにも3試合出場。「ECCレディス」では首位発進も経験した。「グリーン周りは日本でも対応できましたが、一方で日本はコースが狭いので“ただ、飛べばいい”というわけにはいきませんでした。しっかりコース内に置けないと上には行けない。両方を経験できたのは良かった」。飛距離と方向性のバランス。日米両方の良い部分を追究する、ハーフゴルファーを目標に置いた。 激動の1年を経て、このオフはショットを磨いた。特に意識したのは出球の管理。方向性を高めるべく、コースに出る機会を増やして、どんなロケーションでもブレが少なくなるように数をこなした。また、今季からクラブ契約をフリーとして、今まで以上に自分に本当に合ったクラブを求めて飛距離アップも狙った。 しっかりと準備して、例年以上に気合の入るシーズンだったが、新型コロナウイルス感染拡大に中止が相次ぐ事態に。開幕が見えないなかで、モチベーションを失いかねない状況だったが、村田は気持ちを切らすことはなかった。「ゴルフの練習ができる環境でしたし、逆にこの自粛期間をどう使えるかで今後が変わる。『絶対に時間をうまく使うぞ』と思っていました」。前向きに捉え、自己研鑽に励んだ。 今季は新たに強力な援軍も加わったことも、村田を奮い立たせた。「スーパースポーツゼビオ」、「ヴィクトリア」など展開するスポーツ小売事業のゼビオホールディングスと所属契約を結んだのだ。「世界的に大変な状況の中で契約を結んでいただき、ありがとうございますという気持ちしかありません」。活躍こそが最大の恩返し。一層気が引き締まった。 それらが結果として1つ表れたのが、今大会の予選会だった。自身の25回目の誕生日という何かの縁を感じる日は、苦手意識があった悪天候。しかも試合らしい試合は昨年のファイナルQT以来という状況での一発勝負というなかで、トータル1オーバーの6位タイで突破を果たす。 「通過できたことは本当にうれしかったです。今大会しか試合が決まっていないなかで絶対に出場したかった。それに誕生日ですし、何とかいい日にしたかった。苦しい状況の中でも我慢できた人が勝つと思って最後までプレーしました。去年から磨いているアプローチが良かったので粘ることができましたし、怖がらずにショットを打っていけました」 予選会で突破できただけでなく、磨いてきたものの成果もしっかりと出た。だからこそ、本戦での成績には不甲斐ない思いが強い。そうして出てきたのが冒頭の言葉である。 「本戦中もアプローチはもちろん、ショットも調子が良かったんです。ピンにも絡められました。すごく成長を実感できました。ただ、パッティングの調子が悪く、入りませんでした。グリーン上でやられた1週間でしたね。雨が降ったり止んだりする天気の中、18ホールの中でホールごとにスピードもコンディションも変わっていました。そのあたりを見極められなかったですね。今後への課題となりました」 この1年間の手応えと今後への課題。開幕戦で明確となった2つを持ち帰り、これからはステップ・アップ・ツアーを主戦場に戦っていく。「次の試合はそのステップ・アップ・ツアーのカストロールレディス(9月2日~4日)の予定です。試合まで2カ月あるので、トレーニングをしっかりして『頑張らなくても飛ばせる』ようにしたいです。そうすれば飛距離と安定感を両立できると思います」。この2カ月もやるべきことをハッキリさせて、時間を“ムダ”にすることなく爪を研ぐ。 次なるターゲットは初優勝。「ステップ・アップ・ツアーの賞金女王が目標ですが、そこを考えすぎると気負ってしまうと思います。なので、まずは1勝したいです」。米国帰りの“逆輸入”ゴルファーは、経験を活かしながら一歩ずつ夢へとひた走る。 <ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】