Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三浦翔平 友人・春馬さんをラジオで追悼 何度も言葉に詰まりながら…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 俳優・三浦翔平(32)が7月29日に放送されたNACK5のラジオ番組「三浦翔平 It’s 翔 Time」で、友人で、7月18日に急逝した俳優・三浦春馬さん(享年30)を追悼した。2人は遺作となったTBS系ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(9月15日スタート、火曜、後10・00)でも共演していた。  番組冒頭、翔平は「先日、7月18日に友人、そして…、我々の仲間でもある三浦春馬くんが…、えーっ、亡くなりました。いろいろとまだ整理はついてませんが…、えーっ、ご冥福をお祈り致します」と何度も言葉に詰まりながら、追悼した。そして、春馬さんのセカンドシングル「Night Diver」(8月26日発売)がオンエアされた。  2人は08年の日本テレビ系ドラマ「ごくせん」で共演。プライベートでもサーフィンをするなど、仲が良かった。18年8月には、春馬さんがインスタに「やっと友人と夏らしい事出来ました!」「#三浦翔平」「#surf」とサーフボードを抱え、上半身裸の笑顔2ショットを投稿。翔平もインスタに、海をバックにした写真を投稿していた。  翔平は7月25日、インスタに、一緒にサーフィンした時の春馬さんの笑顔の写真を投稿し、「最後の顔を見てから、寝てるだけなんじゃないか。またすぐ会えるんじゃないか。あの笑顔をまた見せてくれるんじゃないか。何度も現実逃避してるよ。君の死を受け入れるのは、まだまだ時間がかかる。君を想う全員が深い悲しみの中にいて、きっと誰かと話して、誰かと支え合いながら、また泣いて、胸が苦しくて、何かをしてなきゃ頭がおかしくなりそうだと思う。」「でも、いつまでも泣いてたら安心して眠れないよな?だから少しずつ、一歩ずつ、受け入れる様に頑張るから。俺達は一生懸命に生きて、お前の意志を受け継いで、お前が見たかった景色を絶対見せるから。だから見守っててね。君と過ごした大切な思い出を、これから先もずっと胸に。春馬。大好きだよ。どうか安らかに。」とメッセージを記していた。  翔平は春馬さんの楽曲が流れた後のCM後のトークで、「コロナも増えてきて気持ちも落ちますけど、まあ頑張っていきましょうよ」と呼びかけていた。

【関連記事】