Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

氷川きよしに今、何が起きているのか!? 氷川きよし、NHK『SONGS』で21年目の変化を本音で語る

配信

エムオンプレス

■「これからの自分は、ナチュラルに生きたい。“キー・ナチュラル”(きよし+ナチュラル)でいたい」(氷川きよし) 今年、デビュー21年目を迎えた、氷川きよしに変化が起きている。 【画像】バンドを従えて“ロック”を熱唱する、氷川きよし 大型アニソンフェスに出場し、若い観客を熱狂させたり、去年の大みそかには『NHK紅白歌合戦』で巨大な龍に乗って登場し、見るものの度肝(どぎも)を抜いたりと、これまでのイメージを一新するロックな曲で日本中をざわつかせてきた。 6月13日放送の『SONGS』では、今、氷川きよしが特に大切にしているロックな3曲をピックアップ。それらの音楽を通して、ここ最近起きている音楽やスタイル、そして心境の変化に迫る。 ◇「限界突破×サバイバー」 氷川きよしは2000年にデビューし、その年の『紅白』に初出場。その後も演歌界のプリンスと呼ばれる活躍ぶりで 、一度も欠かすことなく『紅白歌合戦』に出場し続けている。2019年にはロック曲「限界突破×サバイバー」を披露。これまでのイメージを一新し、大きな話題を呼んだ。「初めてポップス作品で『紅白』に出場したので、このチャンスをつかまなきゃと思って、命がけで」臨んだ。全力で演歌に打ち込んでいた若かりし日々、そして40歳を超え、限界を突破しようと挑戦を続ける心境を語る。まさにその胸の内を表現する「限界突破×サバイバー」を熱唱する。 ◇ 「ボヘミアン・ラプソディ」(クイーン/日本語カバー) ロックバンド、クイーンの活躍を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観て、主人公のボーカリスト、フ レディ・マーキュリーの人生に共感を受けた氷川きよし。華やかさの裏にある孤独に共鳴し、この曲の「歌詞 の一行一行が染みて」「涙が出た」と語る。これからの自分は、ナチュラルに生きたい、「キー・ナチュラル(きよし+ナチュラル)」でいたいという決意をこめて、名曲「ボヘミアン・ラプソディ」を日本語カバーで届ける。 ◇ 「パピヨン」 このたび、全編ロック・ポップスという意欲的なアルバムを発表する氷川きよし。その中からの最新曲「パピヨン」を届ける。サナギからチョウになる進化をイメージした、この曲の世界観をどう表現するのか? ピアス、 アイラインといった神秘的なメイクから「美」に対するこだわりまでを語る。さらに、これからどのような氷川きよしを目指していくのか。唯一無二の世界を突き進んでいく、今の目標や夢を、本音で語る。 音楽的にも、ビジュアル的にも、インパクト十分なロックな3曲、そして「自分らしさ」について赤裸々に語るインタビューは必見! 氷川きよしの新しい魅力をたっぷり届ける。 番組情報 NHK総合『SONGS「氷川きよし」』 06/13(土)23:00~23:30 再放送:06/19(金)25:30~26:00 リリース情報 2020.06.09 ON SALE ALBUM『Papillon(パピヨン)-ボヘミアン・ラプソディ-』 『SONGS』番組サイト http://www6.nhk.or.jp/songs/ 氷川きよし 日本コロムビア公式ホームページ https://columbia.jp/hikawa/

【関連記事】