Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イギリスよりも過酷? 「やりがい搾取」で追い込まれる日本の宅配ドライバーの現実

配信

BuzzFeed Japan

イギリスの労働者階級の人々が貧困や格差拡大でささやかな暮らしを脅かされていく姿を描いてきた名匠ケン・ローチ監督が、新作『家族を想うとき』(12月13日から全国ロードショー)で再び、私たちに「このままでいいのか?」と突きつける。25年間、貧困支援に関わってきた社会活動家で、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授、稲葉剛さんに映画を見てもらった。むしろイギリスよりも問題が進んでしまっているという稲葉さんに、映画と日本の状況を重ねながらお話を伺った。【BuzzFeed Japan Medical/岩永直子】

前作での引退宣言を撤回してまででも監督が問いかけたかったことは何なのか。そして、日本でも同じことが起きているのではないか? 前編をお届けする。

<あらすじ>マイホーム購入の夢を叶えるために、フランチャイズの宅配ドライバーとして独立した父・リッキーと、パートタイムの介護士として働く母・アビー。家族を幸せにするはずの仕事が家族との時間を奪っていき、高校生の長男セブと小学生の長女ライザ・ジェーンは寂しい思いを募らせていく。そんな中、リッキーはある事件に巻き込まれてーー。

前作『わたしはダニエル・ブレイク』と表裏の関係の映画

ーーケン・ローチ監督はカンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した前作『わたしは、ダニエル・ブレイク』でもやはり、助け合いながらも苦境にあえぐ庶民の姿を描いていました。前作で引退すると宣言したのに、今作を撮りたくて83歳の監督が復帰したようです。 確か、ケン・ローチ監督、以前も引退宣言していたんですよね(笑)。 ーー宮崎駿さんのようにですか(笑)。それだけ撮らなければいけない思いにかられたのでしょうね。 前作の『わたしは、ダニエル・ブレイク』は福祉の劣化を描いた映画でしたね。もともとは世界でも初めて福祉国家を作ったイギリスで、緊縮政策の下、社会保障制度がズタズタになり、そこからこぼれ落ちる人が出ている。社会保障制度が命を守れなくなっていることを描いた作品だと思います。 新作では、グローバル資本主義が招いた雇用の劣化が描かれており、ある意味、前作と今作は表裏の関係にあると思いました。 もともと『ダニエル・ブレイク』でフードバンクの取材をした時に、そこにいたたくさんの人たちが過酷な労働環境で働いていたことを知ったのが今作を撮るきっかけだったそうですね。 たぶん意図的だと思うのですが、前作も今作も、主人公のインタビューの場面から始まります。前作では福祉手当の認定を受けるための面談から始まって、今作では主人公が運送のフランチャイズの契約を得るための面接の場面から始まります。 今までどういう仕事をしてきたのか問われ、リッキーはこれまで建設の仕事をしていたけれどもうまくいかずに転々したと話していました。 そこで「生活保護は?」と聞かれたのが印象的でしたね。それに対して、「生活保護はプライドがあるので受けたくない」と答える。 社会保障制度が利用しにくくなっていることが背景としてあって、前作が描いたように、社会保障制度を利用することで尊厳が奪われてしまう状況がある。そして、尊厳を奪うことによって、必要な人を制度から遠ざけてしまう。 福祉が劣化しているために、労働条件が悪化しても働かざるを得ないワーキングプアが生み出されています。コインの表裏の関係になっているというのは感じましたね。

【関連記事】